ページトップへ戻る

島根県技術士会

Archive for 2012

その他のCPD : 青年部 産学交流会

2012-10-26

恒例の産学交流会の案内です。
今年は下記のように島根大学で行います。
学生との交流を通じて何か”非日常”を感じていただければと思います。
ご参加よろしくお願いします。

日時;11月17日(土)11時~16時
場所;島根大学(開催教室等は調整中のため後日お知らせします。)
内容;・JABEE向けに技術士とは、経験談等説明
・事業継続計画(BCP)の協働作業

その後、17時から忘年会を行います。
場所;炉辺かば(松江市伊勢宮町537-3) 会費4000円(会費の一部補助あり)

出席の方は、産学交流会、忘年会それぞれの連絡をお願いします。

連絡先 ⇒青年部事務局 井上真

2012年10月度 オモシロ技術塾

2012-10-24

平成24年10月度 オモシロ技術塾 出席者13名
会場参加:大坂 伊作、今岡 裕作、井上 数夫、吾郷 秀雄、古川 のり子、津村 拓美、嘉藤 剛、片山 直樹、宅和 由男、渡部 修、井上 真、山村 賢治、花本 孝一郎
WEB参加:畑 和宏

■日時:10月24日(水)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所(松江市黒田町432番地1の北側別館2階)
■話題提供者:片山 央之(建設部門)
■テーマ:『木質バイオマスエネルギー利用の可能性と課題-雲南市における取組を題材として-』
■話題提供者からのコメント:
今、雲南市では木質バイオマス資源の活用を軸とした森林再生・地域活性の動きが活発化しています。
平成24年6月には、木質バイオマス資源の流通等を担う合同会社「グリーンパワーうんなん」が設立され、本格的に取組が進み始めました。
今回の技術塾では、雲南市における取組を題材に、木質バイオマス資源を活用した再生可能エネルギー利用の可能性と課題について議論できればと考えています。
——————
講演内容
○バイオマスとは
○雲南市の現状・・・林地残材→災害の拡大
○収集材・・・チップ化燃料、薪、ペレット
○チップ精算にかかるコスト(森林整備等、チップ加工等、チップボイラー等)
補助金を使いながら。山の管理に目を向けてもらうことが目的の一つ。
○市民参加型林地残材収集システム
地域通貨を使う。
○市民講習会の実施
○木材搬出の実績
○今後の展開
・民間への事業拡大
・隣接自治体への拡大
・電気事業への挑戦

今回は参加者13名と盛況でした。

p01

p02

p03

野外巡検 : 石東地域の地形・地質に関する地域貢献研究分科会のご案内

2012-10-23

石東地域地形・地質分科会より活動案内が有りましたので配信いたします。
野山の散策には、最適のシーズンですので積極的なご参加をお願い致します。

【石東地域の地形・地質に関する地域貢献研究分科会活動ご案内】

~~~以下、案内文より抜粋~~~
今年は温泉津地域の堂床山を中心に研究をいます。堂床山周辺の銀山街道、巨石群の見学をして、休憩に近くの清水大師寺によります。清水大師寺からは、日本海や山頂部に平坦地を有する特徴ある丘陵地(都野津面)をみることができます。巨石(石英安山岩)は苔のつきがよく、過去に出雲地方の庭園へ運ばれたそうです。興味のある方はお気軽に参加ください。

その他のCPD : うんなんバイオマスフェスタ2012

2012-10-16

雲南市では、森林バイオマス事業を進めています。
今回、市内外に向けて、森林バイオマス事業の取組みの周知、バイオマスに絡めた楽しいイベントの展開を目的に
「うんなんバイオマスフェスタ2012」を行うことになりました。
チップボイラーを用いた足湯体験、桜チップを使った燻製づくり、チェーンソーアートのパフォーマンス、田部の玉子のゆで卵など子供たちも楽しめるイベントにしています。
森林バイオマス事業についても学べるようになっています。
皆さん、遊びに来てください。
イベントのPRチラシは添付しています。
イベントの開催日時、場所は下記のとおりです。
日時:11月4日(日)10:00~15:00
場所:明石緑ヶ丘公園 (雲南市三刀屋町)
よろしくお願いします。

合同会社グリーンパワーうんなん 職務執行者 勝部祐治

【うんなんバイオマスフェスタ2012ご案内】

その他のCPD : 鉄の村歴史フォーラム田部家古文書調査第3回報告会

2012-10-16

雲南市吉田町で開催されますフォーラムのご案内を致します。
数年前に田部家の蔵の調査が実施され、田部家繁栄の記録が紐解かれつつあります。
今回は3回目の報告会の模様です。
ご興味のある方は、ご参加を検討下さいませ。
秋の一日ですので、紅葉狩にあわせてのお出かけも良いものと思います。

【鉄の歴史村フォーラム2012田部家古文書調査報告ご案内】

野外巡検 : 防災部会 高知防災視察

2012-10-16

防災部会活動の案内がありましたので配信いたします。
南海地震に対して防災活動が進む高知県を訪問する企画です。
ご参加可能な方は、ご検討下さいませ。

日程:平成24年11月16日(金)~17日(土)

詳細は、以下ファイルをご覧ください

【防災部会 高知防災視察について】

塾のご案内 : 10月度 オモシロ技術塾

2012-10-15

☆今月もweb中継を行います! 
視聴希望者はメールにて大坂伊作までご連絡ください。 
ライブ閲覧用のパスワードや視聴に関する案内をお知らせします。

■日時:10月24日(水)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所(松江市黒田町432番地1の北側別館2階)
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
■話題提供者:片山 央之(建設部門)
■テーマ:木質バイオマスエネルギー利用の可能性と課題 -雲南市における取組を題材として-
■話題提供者からのコメント:
今、雲南市では木質バイオマス資源の活用を軸とした森林再生・地域活性の動きが活発化しています。
平成24年6月には、木質バイオマス資源の流通等を担う合同会社「グリーンパワーうんなん」が設立され、本格的に取組が進み始めました。
今回の技術塾では、雲南市における取組を題材に、木質バイオマス資源を活用した再生可能エネルギー利用の可能性と課題について議論できればと考えています。

野外巡検 : 今福線研究分科会 現地踏査参加者募集!

2012-10-09

今福線研究分科会は、広島と浜田を結ぶ広浜鉄道の一部として着工されながら未成線となった旧国鉄「今福線」を地域資源として活用し、地域活性化に繋げていく方策を研究しています。
今回は、今福線マップの作成に必要な現地情報,写真の収集及び確認を目的にした現地踏査を行います。
今福線に興味をお持ちの方、地域興しに興味のある方等当分科会活動に興味をお持ちの方は是非、この現地踏査にご参加下さい。

【今福線研究分科会 現地踏査参加ごあんない】

工程(最終工程は再度、お知らせします。)
11月10日(土)
・10時 ウエスコ浜田支店 集合
現地踏査出発。 3班編制にて班毎に行動。
・16時 宿泊所到着(ふるさと体験村)
現地踏査情報等持ち寄り、マップの全体調整
11月11日(日)
・必要に応じ現地踏査継続後、現地解散。
※11月10日の宿泊無しの参加もOKです。

2012年9月度 オモシロ技術塾

2012-09-26

平成24年9月度 オモシロ技術塾 出席者8名
会場参加:渡部 修、大坂 伊作、今岡 裕作、小村 徹、嘉藤 剛、遠藤 公作、玉木 健、吾郷秀雄、
WEB参加:なし

■日時:9月26日(水)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所(松江市黒田町432番地1の北側別館2階)
■話題提供者:土江 敏幸(農業部門)
■テーマ:『出雲國風土記時代の農業』
■話題提供者からのコメント:
本年は古事記編纂1300年の年にあたり、出雲大社周辺は神話博で賑わっていますが、出雲國風土記の編纂を命じられてからも1300年に当たります。
当時の出雲國の農業は?人々の暮らしはどうであったか?
風土記を中心として話題提供したいと思っております。
——————
講演内容
○風土記の成り立ちについて
○出雲國風土記時代の農業
○農業生産量
当時の文献をもとに、出雲國の農業生産量を試算されていました。当時の出雲國の庶民の暮らしは貧しいものだったそうです。

今回からWEB中継の本格配信開始でしたが、参加者は残念ながら0名でした。
来月はもっとPRしていく予定です。

p01

p02

p03

野外巡検 : 水資源分科会;大梶七兵衛・高瀬川開削の現地視察

2012-09-19

水資源分科会より活動案内が有りましたので配信いたします。
出雲の高瀬川の視察を行われるようですので、ご都合の付く方は是非参加下さいませ。

詳細は以下の案内資料をご参照ください。

【大梶七兵衛・高瀬川開削の現地視察案内】

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.