ページトップへ戻る

島根県技術士会

‘研究分科会’

防災部会H29 活動 「近年の中国地方における土砂災害のその後を視る」ツアーのご案内

2017-10-17

島根県技術士会防災部会H29 活動

「近年の中国地方における土砂災害のその後を視る」ツアーのご案内

今年7 月5 日の明け方、島根県西部に大雨特別警報が県史上初めて発令されました。その後、雨の中心は九州北部へと移り、福岡県朝倉市~大分県日田市にかけて100mm/h 前後の強雨が降り続き、河川の氾濫や斜面崩壊などの激甚災害が発生したことは記憶に新しいところです。
このような土砂災害は、被災直後からの状況が連日報道されますが、その後の対策について報道されることはほとんどありません。しかし、災害を教訓とし、今後に活かすには、ハード・ソフト対策が如何になされているかを知ることがとても重要なことと考えます。
そこで、防災部会では「近年の中国地方における土砂災害のその後を視る」と題した現地視察ツアーを企画しました。激甚災害が発生した津和野(H25)、山口(H21)、広島市安佐南区(H26)の各所を巡り、復旧状況を視、肌で感じることにより、対策のあり方に対するヒントを発見できる場になろうかと思います。ご関心にあるお方は是非ご参加くださいますようお願い申し上げます。

1.行程(最終的な行程は後日参加者にお知らせします)

■11 月18 日(土)
9:15 JR 津和野駅集合
車移動の方は乗り合わせを部会事務局が調整します。JR 移動の方は以下を想定しています。
特急スーパーおき1 号 松江6:14→出雲6:39→大田7:09→・・・→津和野9:10
~12:00 H25 年山口島根豪雨災害復旧状況の視察~名賀川周辺
(現地案内は中谷会員(益田県土整備事務所)が担当します)
~13:00 昼食
~14:00 山口市へ移動
~17:00 H21 年山口土石流災害復旧状況の視察~老人ホーム跡周辺および住民ヒアリング
(現地案内は山口県技術士会の河内会長にお願いし、ヒアリングには防府市役所職員が参加します)
湯田温泉にてミーティング <泊>

■11 月19 日(日)
8:30~10:00 山口市→広島市安佐南区へ移動
~12:00 H26 年広島土石流災害復旧状況の視察~八木県営住宅裏,阿武の里団地裏
(現地案内は片山会員(土木学会委員)が担当します)
現地解散(車移動の乗り合わせは部会事務局が調整します)

2.参加費:全行程で10,000 円程度予定(一部費用は会からの補助金支出予定です)

3.申込先:㈱日本海技術コンサルタンツ 片山直樹
(E-mail:n.katayama(アットマーク)nitec-ct.co.jp)

4.申込〆:平成29 年10 月30 日(月)※準備の都合上、先着10 名程度で〆切りますので予めご了承ください

[防災部会]H29活動のご案内.pdf

生物多様性分科会 現地視察案内

2017-10-10

現地視察「なぜ雲南市はコウノトリに選ばれたのか!?」のご案内

国の特別天然記念物・コウノトリのペアが雲南市に飛来し、その育雛中に雌が誤射されたことは皆様の記憶に新しいものと思います。その後、兵庫県立コウノトリの郷公園に保護された雛たちは無事に育ち、7 月12 日に雲南市にて放鳥されました。
雲南市では、放鳥した幼鳥、その父親の『げんきくん』を含む複数の個体がしばらく雲南市で滞在しています(10/5 現在は1 羽が滞在)。また、コウノトリが繁殖した地元を含む様々な場所で、コウノトリの保全活動が本格的に始まりつつあります。まさに、コウノトリを活かした地域づくりの黎明期にあたるのではないでしょうか。
本研究分科会では、昨年度の「コウノトリの保全・地域づくりの先進地である豊岡市への視察」を踏まえて、平成29 年度の活動テーマを雲南市のコウノトリに定めました。
平成29 年度は、広い行動圏(日本~韓国)の中でコウノトリがなぜ雲南市大東町を選んだのか、また、地元の今後の取り組みに向けた基礎情報の収集を目的として現地視察(1 泊2 日)を企画しました。具体的には、コウノトリが飛来した場所の視察(簡易な環境調査を含む)、地元の方との意見交換等を通じて、次年度以降の活動計画に反映させたいと考えています。
コウノトリに関心のある方、地域づくりに関心のある方、環境調査を体験してみたい方など、興味のある方はぜひご参加ください。コウノトリに会うことができるかもしれません。

1.視察行程(最終行程は再度、お知らせします。)

■10 月28 日(土)
・09:00 ウエスコ島根支社 集合(予定)
・09:00~17:00 頃 現地視察・地元との意見交換会など
※宿泊予定地:大東町山王寺(森のレストラン:棚田カフェ)
・18 時ころから宿にて懇親会

■10 月29 日(日)
・09:00~12:00 頃 現地視察・地元との意見交換会など
・12:00~14:00 頃 昼食後、集合場所にて解散
※1 日のみの参加、宿泊なしの参加、途中合流・解散も可能です。
※最終行程は、地元との意見交換会の日程調整がつき次第、改めてお知らせします。

2.参加費(全行程参加で5,000~7,000 円程度)
・昼 食:1,000 円/回程度
・宿 泊:5,000~7,000 円(費用の一部は会からの補助を考えています。)
・懇親会:時価(当日買い出す予定です)

3.申し込み
・申し込み先 : 大嶋 辰也(株式会社ウエスコ)
(E-mail:t-oshima(アットマーク)wesco.co.jp)
・申し込み期限:平成29 年10 月23 日(月)

※途中でのキャンセルも可能です。興味はあるが現状で予定が不明な方も、申し込みしていただいてかまいません。遠慮なく申し込みいただきたいと思います。

生物多様性分科会_現地視察案内.pdf

庭園文化研究分科会 視察案内

2017-09-15

島根県技術士会会員の皆様

お世話になっております。
庭園文化研究分科会の武田幹事様から、 庭園視察の案内がありました。
島根の庭園、また古民家に興味をお持ちの方はお気軽にご参加下さい。

庭園文化H29年度視察のご案内.pdf

「面白きB級遺産」情報募集のお願い

2017-08-09

島根県技術士会会員各位

島根県B級遺産研究会では、先般発会ミィーティングを開催し、今後の活動内容
について討議致しました。
その中で、会員各位に対しネタの募集をすることとなりましたので、
 ①人の生活の中で人為的に構築されたの施設
 ②人知れないが、先人の工夫や苦労が滲み出る面白い施設
を募集します。
書式は添付のシートへの書き込みとし、簡単な紹介と共に当方(松浦)までお送り
下さい。

当会は、島根県に存在する「面白きB級遺産」情報を収集・配信することを目指
して活動を始めます。
ご推挙頂いた施設について、今年度の活動ネタの討議を行い、5題程度を選定し
研究を進める予定です。
上記の①・②に該当しそうな面白い施設の紹介をお願いいたします。
この他に紹介頂いているネタには、
 ・海岸線に見られる石積突堤
 ・円筒分水工
 ・県内の木橋
などが有ります。

松浦 寛司(matsuura-hi(あっとまーく)ej-hds.co.jp)

B級遺産推薦例.pdf

B級遺産研究会(ネタ募集).xlsx

『島根のB級遺産研究会』発会ミーティングのご案内

2017-07-03

島根県技術士会会員の皆様

いつもお世話になっております。
松浦技術士発案による『島根のB級遺産研究会』と銘打つ研究部会分科会が発足し、
その初回ミーティングの案内文書が届きました。
何やら面白そうな分科会です。
興味をお持ちの方は、お気軽にご参加下さい。

--

平成29年7月1日

島根県技術士会会員 各位

島根のB級遺産研究分科会
松浦寛司

島根のB級遺産研究分科会「発会ミーティング」のご案内

 わが島根には、くにびき神話や八雲風土記を初めとする神様に関わる書物の文化、国宝「松江城」や世界遺産「石見銀山」、更には出雲大社や多数の寺社施設に代表されるA級の歴史的観光施設がここそこにあることはご存じの通りです。また、製鉄文化を今に伝える「たたら製鉄」の復元や、「菅谷たたら山内」の修復など、18世紀と今日を結ぶ“時間の道”も見え隠れし、将に“島根には本物がある”と言われるにふさわしいと考えています。
他方、夫々の時代にはそこに生きた人々の生活があり、そこでは少しでも安全・便利に暮らしていくための色々な工夫がなされ利用されたものと考えられますが、時代の移り変わりにより、その施設の存在さえ空白化してしまったものと思うところです。
そこで、“島根のB級遺産研究会”と名を打ち、A級ではないが先人の工夫や努力が滲み出る様な珍遺産を調査研究してみたいと考えました。
つきましては、下記の日程で発会ミーティングを行い、活動の方針や役割り分担決め活動を開始したいと考えます。

ご賛同頂けます方のご参加をお願いいたします。
参加人数を把握したいので、ご連絡をお待ちしています。

日 時:平成29年7月22日(土)13:00~(2時間程度)
場 所:(株)エイト日本技術開発 松江支店 会議室(松江市東朝日町151-34)
連絡先:(株)エイト日本技術開発 松江支店 松浦寛司
TEL 0852-21-3375
E-Mail matsuura-hi(あっとまーく)ej-hds.co.jp

B級遺産の定義と例のイメージ
・暮らしの中で人為的につくられたもの
・珍しい・面白いもの
・見に行きたいと思えるようなもの
・丸太を使用した掛け樋・サイホン?
・用水用のトンネル・可動橋?
・背割り堤?
・一般に紹介されていないもの

B級遺産研究分科会 発会ミーティングの案内.doc

『庭園文化研究分科会』初回ミーティングのお知らせ

2017-06-30

島根県技術士会会員の皆様

いつもお世話になっております。
『庭園文化研究分科会』の武田幹事様から、分科会初回ミーティングの
案内文書が届きました。
いいままで参加されている方はもちろん、改めて庭園について知ってみたい方、
興味をお持ちの方は、お気軽にご参加下さい。

H29庭園分科会ミーティングの案内.doc

国土政策フォーラムin五條

2017-02-11

全国未成線サミットが、国土政策フォーラムとして国交省共催のもと開催されます。
本フォーラムは、国交省のホームページに掲示されています。
掲示内の資料を添付しています。
http://www.mlit.go.jp/report/press/kokudoseisaku03_hh_000102.html

パネリストとして、今福線は島根県技術士会(今福線研究分科会)が担当することと
なりました。
今福線研究分科会からは、6名参加予定です。

時期として年度末で、しかも遠い地での開催とはなりますが、会員の皆様にご案内を
していただければと思います。
よろしくお願い致します。

20170304-全国未成線サミット-1.pdf

20170304-全国未成線サミット-2.pdf

平成28年度(2016年度)の研究報告をアップロードしました

2017-01-30

平成28年度(2016年度)の研究報告をアップロードしました。
以下からアクセスできます。

平成28年度(2016年度) 研究報告

平成25年度研究報告の一部訂正について

2016-10-13
平成28年10月13日

平成25年度研究報告の一部訂正について

平成25年度研究報告に掲載の内容について、一部誤りがありましたのでお知らせします。
庭園文化研究分科会の論文のうち、添付の2編を差し替えます。
関係の方々には多大な御迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。

201610庭園文化-森田俊作.pdf

201610庭園文化-宮﨑幸司.pdf

今福線研究分科会 現地踏査参加者募集!

2016-10-13

今福線研究分科会 現地踏査参加者募集!

1. 概要
 今福線研究分科会は、広島と浜田を結ぶ広浜鉄道の一部として着工されながら
未成線となった旧国鉄「今福線」を地域資源として活用し、地域活性化に繋げて
いく方策を研究しています。
 今回は土木的見地から付加価値を加えていくために、土木遺産となっている
アーチ橋とトンネルの2箇所について実測し図面を作成することになりました。
 ※上記のアーチ橋は下記写真の橋です。トンネルはこの橋の左奥にある今福
  第四トンネルです。
 また、伐採後の旧線の状況及びトンネルの状況等調査をする予定です。
これには「今福線を活かす連絡協議会」の皆さんも参加される予定です。また現地
踏査後は連絡協議会の皆さんも交え懇親会をしたいと思います。
 鉄道に興味をお持ちの方、地域興しに興味のある方等当分科会活動に興味をお
持ちの方は是非、この現地踏査にご参加下さい。
  (尚、この案内は既に当分科会に参加活動されている方以外の皆さんを対象にしています。)

2. 工程(最終工程は再度、お知らせします。)
■11月5日(土)
・10時 ウエスコ浜田支店 集合
  現地踏査出発  
  終了は16時頃を予定しています。
・18時30分位~ 懇親会大正倶楽部(浜田駅前)

■11月6日(日)
・10時(予定変更有り) ウエスコ浜田支店 集合
・現地踏査継続後、現地解散。
※どちらか一方のみの参加もOKです。

3. 参加費
・11月5日(土) 昼食 1,000円程度
懇親会 メニュー等調整中で未定です(一般的な金額にする予定)。
・11月6日(日) 昼食 1,000円程度

4. 申込締切日
10月28日(金)とします。

5. その他
 11月5日に宿泊される方は、個人で宿を確保して
頂きますようお願い致します。

6. 連絡先・土木学会選奨土木遺産認定のアーチ橋
当分科会幹事 嘉藤太史※実測対象橋梁
メール:futoshi-katou(アットマーク)cosmo-con.com
電話:0853-72-1171(会社)

20161105現地踏査案内文3【配布】.pdf

« Older Entries
Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.