ページトップへ戻る

島根県技術士会

‘島根のB級遺産研究分科会’

【B級遺産研究分科会】活動ミーティングのご案内

2018-08-17

7月の終わりにも募集させていただきましたが、研究部会『B級遺産研究分科会』
活動ミーティングの案内を再度させていただきます。
昨年度から始まったこの分科会は、着目したテーマが面白く、今年度はよりパワー
アップした活動が期待されます。
興味のある方は、松浦幹事まで連絡ください。
よろしくお願いします。

  日 時:平成30年8月25日(土)15:00~(2時間程度)
  場 所:未定(当社は耐震工事中のため、松江駅周辺で考えています)
  連絡先:(株)エイト日本技術開発 松江支店 松浦寛司
      TEL 0852-21-3375
      E-Mail matsuura-hi(アットマーク)ej-hds.co.jp

B級遺産研究分科会活動ミーティングの案内.pdf

研究部会『B級遺産研究分科会』活動案内

2018-07-23

島根県技術士会会員の皆様

予想外の被害に見舞われた豪雨災害や、人が亡くなるほどの猛暑。
まだ夏は始まったばかりですが・・・。
島根県技術士会では、何かお役に立てることを模索しながら、今年度も
青年部や研究部会等による活動を開始しています。

さて、研究部会『B級遺産研究分科会』の松浦幹事から活動案内が届き
ました。昨年度から始まったこの分科会は、着目したテーマが面白く、
今年度はよりパワーアップした活動が期待されます。
興味のある方は、ぜひご参加ください。

B級遺産研究分科会 活動ミーティングの案.pdf内

03.B級遺産研究会(H29ネタ).pdf

03.B級遺産研究会(H30ネタ).pdf

B級遺産研究会(ネタ募集).xlsx

研究部会 分科会活動のお知らせ

2018-06-27

島根県技術士会会員の皆様
 
 お世話になっております。
 6月23日(土)、理事会と研究部会が開かれ、H30年度に活動する
 研究部分科会が以下の通りに決定しました。
 これ以外にも現在実施検討中の分科会があり、実施が決定次第、
 改めて連絡させていただきます。

 初めて参加される方、大歓迎!
 多くの皆様の参加、お待ちしています。
 参加希望やお問い合わせは、各幹事さんまでお願いします。

1)水資源・水環境分科会   幹事 大掛 敏博 ogake(あっとまーく)atlas-co.jp
2)庭園文化研究分科会    幹事 武田 隆司 t.takeda(あっとまーく)lat.co.jp
3)今福線研究分科会     幹事 和田 浩  h-wada(あっとまーく)wesco.co.jp
4)生物多様性研究分科会   幹事 大嶋 辰也 t-oshima(あっとまーく)wesco.co.jp
5)島根県B級遺産研究分科会  幹事 松浦 寛司 matsuura-hi(あっとまーく)ej-hds.co.jp 

※本年より、参加者にはCPDエビデンスを発行します

「面白きB級遺産」情報募集のお願い

2017-08-09

島根県技術士会会員各位

島根県B級遺産研究会では、先般発会ミィーティングを開催し、今後の活動内容
について討議致しました。
その中で、会員各位に対しネタの募集をすることとなりましたので、
 ①人の生活の中で人為的に構築されたの施設
 ②人知れないが、先人の工夫や苦労が滲み出る面白い施設
を募集します。
書式は添付のシートへの書き込みとし、簡単な紹介と共に当方(松浦)までお送り
下さい。

当会は、島根県に存在する「面白きB級遺産」情報を収集・配信することを目指
して活動を始めます。
ご推挙頂いた施設について、今年度の活動ネタの討議を行い、5題程度を選定し
研究を進める予定です。
上記の①・②に該当しそうな面白い施設の紹介をお願いいたします。
この他に紹介頂いているネタには、
 ・海岸線に見られる石積突堤
 ・円筒分水工
 ・県内の木橋
などが有ります。

松浦 寛司(matsuura-hi(あっとまーく)ej-hds.co.jp)

B級遺産推薦例.pdf

B級遺産研究会(ネタ募集).xlsx

『島根のB級遺産研究会』発会ミーティングのご案内

2017-07-03

島根県技術士会会員の皆様

いつもお世話になっております。
松浦技術士発案による『島根のB級遺産研究会』と銘打つ研究部会分科会が発足し、
その初回ミーティングの案内文書が届きました。
何やら面白そうな分科会です。
興味をお持ちの方は、お気軽にご参加下さい。

--

平成29年7月1日

島根県技術士会会員 各位

島根のB級遺産研究分科会
松浦寛司

島根のB級遺産研究分科会「発会ミーティング」のご案内

 わが島根には、くにびき神話や八雲風土記を初めとする神様に関わる書物の文化、国宝「松江城」や世界遺産「石見銀山」、更には出雲大社や多数の寺社施設に代表されるA級の歴史的観光施設がここそこにあることはご存じの通りです。また、製鉄文化を今に伝える「たたら製鉄」の復元や、「菅谷たたら山内」の修復など、18世紀と今日を結ぶ“時間の道”も見え隠れし、将に“島根には本物がある”と言われるにふさわしいと考えています。
他方、夫々の時代にはそこに生きた人々の生活があり、そこでは少しでも安全・便利に暮らしていくための色々な工夫がなされ利用されたものと考えられますが、時代の移り変わりにより、その施設の存在さえ空白化してしまったものと思うところです。
そこで、“島根のB級遺産研究会”と名を打ち、A級ではないが先人の工夫や努力が滲み出る様な珍遺産を調査研究してみたいと考えました。
つきましては、下記の日程で発会ミーティングを行い、活動の方針や役割り分担決め活動を開始したいと考えます。

ご賛同頂けます方のご参加をお願いいたします。
参加人数を把握したいので、ご連絡をお待ちしています。

日 時:平成29年7月22日(土)13:00~(2時間程度)
場 所:(株)エイト日本技術開発 松江支店 会議室(松江市東朝日町151-34)
連絡先:(株)エイト日本技術開発 松江支店 松浦寛司
TEL 0852-21-3375
E-Mail matsuura-hi(あっとまーく)ej-hds.co.jp

B級遺産の定義と例のイメージ
・暮らしの中で人為的につくられたもの
・珍しい・面白いもの
・見に行きたいと思えるようなもの
・丸太を使用した掛け樋・サイホン?
・用水用のトンネル・可動橋?
・背割り堤?
・一般に紹介されていないもの

B級遺産研究分科会 発会ミーティングの案内.doc

Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.