ページトップへ戻る

島根県技術士会

‘今福線研究分科会’

【報道】今福線研究分科会の活動(山陰中央新報)

2014-11-27

2014年11月18日の山陰中央新報に今福線研究分科会の活動が掲載されました。
準会員である盆子原さんの顔写真付きです。
記事の切り抜きを掲載します。

20141118今福線新聞記事(山陰中央新報)

今福線研究分科会 現地踏査のご案内

2014-09-25

1. 概要

今福線研究分科会は、広島と浜田を結ぶ広浜鉄道の一部として着工されながら未成線となった旧国鉄「今福線」を地域資源として活用し、地域活性化に繋げていく方策を研究しています。
さて、今回は今福線マップ更新と今福線シンポジュームに向けた新たな情報収集のための現地踏査となります。
今福線に興味をお持ちの方、地域興しに興味のある方等当分科会活動に興味をお持ちの方は是非、この現地踏査にご参加下さい。

2. 工程(最終工程は再度、お知らせします。)

11月15日(土)

    • 10時 ウエスコ浜田支店 集合 現地踏査出発
    • 16時 宿泊所到着(旭温泉のホテル川隅)

11月16日(日)

    • 現地踏査:前日の踏査の状況により判断したいと思います。
    • 11月15日の宿泊無しの参加もOKです。

3. 参加費

    • 11月15日(土) 昼食 1,000円程度
    • 11月15日(土) 宿泊 旭温泉のホテル川隅
      • 1泊2食11,000円程度 分科会費より補助有り。
      • 数名までOKです。9月27日(土)までに私宛ご連絡下さい。
    • 11月16日(日) 昼食 1,000円程度

4. 連絡先

当分科会幹事 嘉藤太史
メール:futoshi-katouあっとまーくcosmo-con.com
電話:0853-72-1171(会社)

※尚、継続でご参加の皆様方には既にお知らせ済みです。

20140925今福線現地踏査案内文.pdf

研究分科会:今福線マップ完成!(桜絵巻追加)

2014-04-21

2014.2.9
今福線研究分科会は、未成線となった今福線鉄道遺構を後世に残すため、また、地域資源としての利用方法等を検討する会です。平成22年度から調査、研究を開始し現在も継続中です。

現地には土木学会選奨土木遺産の「今福線コンクリートアーチ橋群」をはじめとする貴重な遺構が存在しています。また地元の方も見学会等今福線のPRに熱心に取り組んでいらっしゃいます。

このたび、今福線研究分科会では今福線マップを作成しました。このページに載せておきますので、ご自由にダウンロードしてください(ファイルサイズ約15MB)。

この「今福線マップ」をご覧になられた皆様、百聞は一見にしかず。是非、現地においで下さい。マップでは味わえないものを感じ取って頂けるはずです。また地元の皆さんとの交流も生まれるでしょう。

お待ちしています。

imafuku

 今福線マップ.pdfをダウンロード

2014.4.21追記
今福線桜街道絵巻.pdfをアップロードしました。

imafuku

 今福線桜街道絵巻.pdfをダウンロード

Newer Entries »
Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.