ページトップへ戻る

島根県技術士会

その他のCPD : 山村賢治氏「建築写真展」

2008-02-14

島根県技術士会会員でもあります山村賢治氏の「建築写真展」
一見の価値があります。ぜひご覧ください。
syasinten01

日 時:2008年3月1日~6日(9時~17時)
場 所:タウンプラザしまね(市町村振興センター:松江市殿町8-3)1Fホール
テーマ:
【国宝建築シリーズ】

「国宝」は文化庁の専門スタッフがつくる原案をもとに、絵画、彫刻、工芸品、書籍・典籍、古文書、考古資料、歴史資料及び建造物を対象として、文部科学大臣の諮問を受けた文化審議会において、指定すべきかどうか議論した結果を文科相に答申して決まるという仕組みになっています。そのうち「国宝建造物」は、平成20年1月現在、合計213件あります。1990年代から全国の国宝建築を撮り続けてきましたが、2004年早稲田大学芸術学校で建築写真を専門に学ぶ機会があり、それからは大型(4×5判)、 中型(6判)で全ての国宝建築を撮り直す作業を進めています。

☆  ☆  ☆

【山陰の建築文化財】
山陰地方にも国宝、重文のほか、多くの建築文化財があります。折にふれ、そのときによいと感じた建造物を、あるがままに撮りつづけております。
郷土の誇りとなる文化財の存在を、写真という形で、皆さんに伝えていきたいと思います。

☆  ☆  ☆

【海外の建築と街並(フィンランド・インド)】
国内の建築文化財ばかりを撮ってきましたが、昨夏業務で行ったフィンランドの街がすばらしく、これからは外国の建築や街並も対象にしていこうと思いました。
今回は、フィンランドのヘルシンキ、タンペレの街並と、昨秋建築家の皆さんとツアーを組んで初めて行ったインドの聖跡(仏教・ヒンズー教・ジャイナ教など)の写真から選んでみました。旅行中で小型カメラの手持ち撮影なので、伸ばした映像があまり鮮明でないのが残念ですが。

Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.