ページトップへ戻る

島根県技術士会

【活動報告】2015年7月度 オモシロ技術塾

2015-07-26

【活動報告】2015年7月度 オモシロ技術塾
平成27年7月度 オモシロ技術塾 出席者11名
会場参加:曽田啓、土江敏幸、小豆政直、井上数夫、稲田誠、大坂伊作、長島哲郎、玉木健、石橋弘行、和泉孝嗣、岸根真志
■日時:7月22日(水)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所(松江市黒田町432番地1の北側別館2階)
■話題提供者:金村 誠
■テーマ:「建造後82年経過した 土木遺産旧神戸堰のコンクリート」
■話題提供者からのコメント:
神戸川の拡幅工事に伴って取り壊されることとなった、土木遺産旧神戸堰の
コンクリートについて、歴史的構造物の記録を後世に伝えるとともに、先達の
技術に学ぶ資料として、島根県コンクリート診断士会で作成したものです。
■内容
1.旧神戸堰の構造
2.コンクリートのコア試験による当時の材料検証
 -セメントの品質
 -強度、凝結時間、粉末度
 -粗骨材、骨材
 -鉄筋 等
3.当時の施工方法検証
4.旧神戸堰以外の当時のコンクリート構造物との比較

旧神戸堰が作られた当時の文献や他の構造物と比較することでコンクリートの材料・製造方法・施工方法を推測されていました。
現在のコンクリートの施工性能の優秀さを知るとともに、今後のコンクリート構造物に対する問題提起について興味深いお話をいただきました。

IMG_2275

IMG_2277

IMG_2276

Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.