ページトップへ戻る

島根県技術士会

2013年7月度 オモシロ技術塾

2013-07-24


平成25年7月度 オモシロ技術塾 出席者8名
会場参加:和泉 孝嗣、井上 真、井上 数夫、園山 智和、玉木 健、長島 哲郎、嘉藤 剛、大坂 伊作

■日時:7月24日(水)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所(松江市黒田町432番地1の北側別館2階)
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
■話題提供者:児島 秀行(応用理学部門)
■テーマ:アメリカ西部の地質
■話題提供者からのコメント:
応用理学部門の児島です。アメリカ西部は西部劇でおなじみのモニュメントバレーやグランドキャニオンなど大陸特有の日本では見られない地形や地質構造が広がっています。
このたびの話題提供は旅行時に撮影した写真を中心に地形地質を紹介します。なぜこのような地形ができたのか考えましょう。

——————

■講演内容

我が国では見られない特殊な地形について講義いただきました。

①アンテロープ・キャニオンの地形・地質
非常に狭い渓谷であり、雨水の浸食により形成された地形です。
神秘的な感じで、女性に人気の場所らしいです。

②モニュメントバレーの地形・地質
浸食により形成された地形です。

③グランドキャニオンの地形・地質
2.5億~18億年前の古い地質を路頭により見ることができる場所です。
地殻変動による隆起とその後の浸食により形成され、最深部では約18億年前の地層が現在も浸食され続けているようです。

IMG_5118

IMG_5119

Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.