ページトップへ戻る

島根県技術士会

Archive for 2013

建設産業PRカレンダーについて

2013-12-27

建設カレンダーについて、島根県から添付のような御案内がありました。
島根県技術士会も後援をしています。
本会員も、7月8月のところに登場します。
ぜひご購入をお願いします。

(以下、転送文の一部)
このほど建設産業をPRするカレンダーの完成報告が土木部長にあり、現在発売中です。モデルは県内の女性技術者を中心に作られており、東北応援に行っている県職員もモデルとして登場しています。(別添資料参照)
つきましては、販売促進に向けて、会員の皆さんにご紹介していただくようにお願いします。

131210 建設カレンダー.pdf
131219 カレンダーチラシ.pdf

地盤工学会、土木学会:報告会のご案内

2013-12-27

地盤工学会、土木学会から標記報告会の案内がありましたので、情報提供させていただきます。

H25_工事報告会.pdf

塾のご案内 : 2014年1月度 オモシロ技術塾

2013-12-21

2014年1月度のオモシロ技術塾についてお知らせします。

☆☆☆☆通常と日時が違います。ご注意ください。☆☆☆☆

1月度のオモシロ技術塾は、”技術士二次試験の試験制度変更とその対策”をテーマとし、講師は今岡裕作さんにお願いしました。
来年度の受験を考えている修習技術者の方にできるだけ多く参加していただきたいため、通常の第四水曜日ではなく、土曜日の午後に設定しております。会員でない方の参加も大歓迎です。

今年受験を考えておられる所属組織の方等にお声かけをしていただき、申し込みをしていただきたく存じます。

申込先:青年部事務局 大坂伊作 oosaka-i@izutec.co.jp
申込み締切り:2014年1月10日(金)
(希望者が多い場合の会場変更を考慮して、少し早い締切りとしています。ご容赦ください。)

なお、毎年、技術士会が共催している測量設計業協会の講習会とは位置付けが異なります。
■日時:1月25日(土)13:00~15:00
■会場:島根県技術士会事務所(松江市黒田町432番地1の北側別館2階)
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
■話題提供者:今岡裕作
応用理学部門(地質)17年度取得
総合技術監理部門(応用理学-地質)18年度取得
建設部門(河川砂防および海岸海洋)24年度取得
■テーマ:技術士二次試験~試験制度の変更と対策~
■話題提供者からのコメント:
技術士受験対策は、平成25年度から一新された試験制度に合致した対策が必須ですが、これに対応した講習会などの支援サービスが未だ少ないのが現状です。
特に今回の改革によって、受験者は受験対策の年間スケジュールを根本から見直す必要があり、従前と同様のイメージで受験準備を進めていては合格はままならず、受験申込時点で気づいた時には概ね敗北が確定します。
そうならぬよう、情報共有の場としてお役立てください。技術士試験も今や情報戦です。
とくに以下に該当する受験者の方にはきっと有意義な会になります。

    • はじめて受験に挑戦する方
    • 実務経験は十二分だが何故か合格を逃してきた方
    • 周囲にアドバイザー(“近年合格”した技術士)がいない方

(重要事項)
平成26年度の受験を目指す方は、今すぐ受験申込書の作成にとりかかることを強く勧めます。受験しようか迷っているなら速やかに決断してください。
本会終了後のキックオフでは到底間に合いません(本来は今すぐでも遅すぎるくらいです。)せめて本会の当日に、受験申込書の素案を握りしめて御来場いただければ、合格がグッと近づきます。

2013年12月度 オモシロ技術塾 活動報告

2013-12-21

平成25年12月度 オモシロ技術塾 出席者3名
会場参加:井上 真、大坂 伊作、村上 正人

■日時:12月18日(水)19:00~20:30
■会場:出雲市立遙堪コミュニティーセンター(島根県出雲市大社町遙堪)
■話題提供者:嘉藤 剛 (建設部門)
■テーマ:東日本大震災から学ぶ 防災教育について
■話題提供者からのコメント:
今年、東北視察に行かせてもらいあらためて東日本大震災の深刻さを感じました。とくに大川小学校跡地で得た衝撃はすさまじく、子供にも大人にも防災教育が大切だと感じました。島根県で大地震が発生するとは限りませんが、その他の自然災害に対して、東日本大震災時の事例を踏まえつつみなさんと防災・免災について考えていけたらと思います。

  • 東日本大 震災の概要
  • 大川小学校で起きた悲劇
  • 石巻、石の森萬画館の避難体制
  • 釜石の奇跡
  • 釜石の悲劇
  • なぜ悲劇は起きたのか
    • 間違った避難場所
    • 間違った防災訓練
  • 自分たちの防災の見直し
    • 防災リーダーは頼りになる?
    • 島根県で考えられる災害リスク
    • 自分たちの避難場所は大丈夫?

20131218_204905

20131218_204859

新年例会のご案内

2013-12-17

寒冷の候、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、このたび平成25年度新年例会を下記のとおり開催しますので御案内します。
本年度も研究部会活動として、防災部会、分科会、青年部会による東北視察の報告と個人研究の発表をします。個人研究の発表では、本会員の村上さんが「しまね映画塾」で制作された作品を上映する予定です。
御多忙のところ、まことに恐縮ですが、万障繰り合わせの上、ご出席下さいますようよろしくお願いします。

日 時:平成26年1月18日(土)13:00~17:30
発表の申し込み状況によって、終了時間が変わる可能性があります。
場 所:ホテル宍道湖 松江市西嫁島町2-10-16 tel:0852-25-1155
発表内容(予定)

  • 防災部会
  • 水資源・水環境分科会
  • 島根の地域振興研究分科会
  • 庭園文化研究分科会
  • 今福線研究分科会
  • 生物多様性研究分科会
  • 江の川橋梁群調査研究分科会
  • 青年部会による東北視察報告
  • 個人研究

懇親会:例会終了後、ホテル宍道湖において開催します。懇親会参加費は、例年通り銀行振り込みをお願いします。御協力下さい。

申し込み等の詳細は添付ファイルをご確認ください。
2013年度 新年例会の御案内.pdf

 

塾のご案内 : 12月度 オモシロ技術塾

2013-12-12

12月度のオモシロ技術塾についてお知らせします。

今月は出雲での開催となります。出雲方面でお住まい・お勤めの方はせっかくの機会ですので奮ってご参加ください。

☆☆☆☆通常と日時・場所が違います。ご注意ください。☆☆☆☆

■日時:12月18日(水)19:00~20:30
■会場:出雲市立遙堪コミュニティーセンター(島根県出雲市大社町遙堪)
※道路が狭いところがあります。気を付けておいでください。

https://www.google.co.jp/maps/preview#!q=%E9%81%99%E5%A0%AA%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%2C+%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E7%9C%8C%E5%87%BA%E9%9B%B2%E5%B8%82%E5%A4%A7%E7%A4%BE%E7%94%BA%E9%81%99%E5%A0%AA%EF%BC%93%EF%BC%95%EF%BC%99%E2%88%92%EF%BC%92&data=!1m4!1m3!1d30425!2d132.7252714!3d35.3918163!4m15!2m14!1m13!1s0x35574338648eaab7%3A0x9ad701df25717257!3m8!1m3!1d7394!2d132.7199229!3d35.3951823!3m2!1i1039!2i873!4f13.1!4m2!3d35.392278!4d132.719467

■話題提供者:嘉藤剛

■テーマ:東日本大震災から学ぶ 防災教育について
■話題提供者からのコメント:
今年、東北視察に行かせてもらいあらためて東日本大震災の深刻さを感じました。とくに大川小学校跡地で得た衝撃はすさまじく、子供にも大人にも防災教育が大切だと感じました。島根県で大地震が発生するとは限りませんが、その他の自然災害に対して、東日本大震災時の事例を踏まえつつみなさんと防災・免災について考えていけたらと思います。

 

産学交流企画の活動報告

2013-12-06

青年部会では平成19年から島根大学、松江高専との産学交流イベントを開催しており、今年で7回目となりました。今年も「技術者を目指す学生との交流」を目的とした学生向け企画とし、松江高専を会場に開催しました。

日時:2013年11月16日(土) 10時~17時 (※18時~ 青年部忘年会)
場所:松江工業高等専門学校
参加者:22名(島根県技術士会11人 中国本部・岡山支部3人 高専4人 島大4人 )

添付ファイルをご確認ください。

産学交流企画_活動報告.pdf

中国本部交流企画(ぺあせろべ2013)の活動報告

2013-12-06

本年も、日本技術士会中国本部との交流企画として「ぺあせろべ2013」に参加してきました。今年で30回目を迎えるぺあせろべは、残念ながら今回が最後ということでしたが、そのファイナルに花を添えるような晴天で、たくさんのお客さんがおいでになられました。

日時:2013年10月27日(日)
場所:広島市中央公園芝生広場
参加者:8名

添付ファイルをご確認ください。

中国本部交流企画_活動報告.pdf

2013年11月度 オモシロ技術塾 活動報告

2013-12-03

平成25年11月度 オモシロ技術塾 出席者8名
会場参加:井上 真、井上 数夫、大坂 伊作、嘉藤 剛、玉木 健、児島 秀行、大坂 理、大嶋 辰也

■日時:11月27日(水)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所(松江市黒田町432番地1の北側別館2階)
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
■話題提供者:東北視察メンバー(井上 真)
■テーマ:東北視察の報告
■話題提供者からのコメント:
今回の視察は、岩手県陸前高田を最北端とし、宮城県気仙沼、南三陸、松島、女川、石巻と海岸に近い地域を見て回りました。被災から2年半経過した時期での視察でしたが、被災地におけるがれき処理、高台移転、仮設住宅等の状況・諸問題について、技術者としての視点で報告したいと思います。

 

最初に3.11当日、石巻市の津波の様子をビデオで視聴しました。家、車、ゴミが流されていく様子や大規模な粉塵の発生、オイルのような黒い水など改めて津波の異様さ、悲惨さを感じました。

次に地震時の地盤変動のメカニズムについての説明でした。プレート端部の開放~内部の沈下が被災地の地盤沈下につながっているとのことでした。また、余効運動というズレの修正により地盤の変動が徐々に生じているとのことでした。
四国も変動しており、南海地震の予兆が伺えるのか?気になるところでした。
また、9/15の石巻市視察時に台風18号が通過し、日雨量335mmを記録しました。石巻市の冠水の様子をビデオにて視聴しました。

島根県について、県内三隅町に各地の地殻変動量算出のための固定点があるとのことで、島根県に地震が少ないことをあらためて認識しました。

R0020577
R0020576

塾のご案内 : 11月度 オモシロ技術塾

2013-11-18

11月度のオモシロ技術塾についてお知らせします。

今月は、9/13~9/16に青年部が企画した『東北視察』の報告を行います。

■日時:11月27日(水)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所(松江市黒田町432番地1の北側別館2階)
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
■話題提供者:東北視察メンバー
■テーマ:東北視察の報告
■話題提供者からのコメント:
今回の視察は、岩手県陸前高田を最北端とし、宮城県気仙沼、南三陸、松島、女川、石巻と海岸に近い地域を見て回りました。被災から2年半経過した時期での視察でしたが、被災地におけるがれき処理、高台移転、仮設住宅等の状況・諸問題について、技術者としての視点で報告したいと思います。

« Older Entries
Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.