ページトップへ戻る

島根県技術士会

‘お知らせ’

【青年部会】夏休み自由研究企画の実施案内と協力参加者募集について

2017-07-10

7/18現在、親子参加は定員に達しました。
参加技術士は引き続き応募しております。
よろしくお願いいたします。

島根県技術士会会員の皆様

続いてお世話になっております。
青年部より、「夏休み自由研究親子企画」開催のお知らせがありました。
本企画に賛同し協力・参加していただける方を募集されています。

◆◆◆◆◆(夏休み自由研究企画)◆◆◆◆◆

平素は青年部会活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、このたび青年部会活動の一つとして昨年同様、小学5・6年~中学1年生を対象
に、8月12日(土)に「夏休み自由研究親子企画」(※添付チラシ参照)を行います。
内容は昨年の「橋について学ぼう!」に引き続き、今年は「ダムについて学ぼう!」
を企画しました。
大正時代築造で来年100周年を迎える「千本ダム」、戦後築造で日本初アーチダムの
「三成ダム」、直近築造で近代多目的ダムの「尾原ダム」の三箇所を視察し、子供達
にダム技術の遍歴や先人の技術力の高さを学んでもらおうというものです。
(視察に当たっては、各管理機関に協力を依頼し、当日施設案内を行っていただく
ことになっています。)
また、視察のみでなく、啓蒙ツール・イベントとして「ダムカード(配布)」
「尾原ダムカレー(昼食)」「ダム模型学習(藤井基礎さん協力)」なども予定して
います。

つきましては、本企画に賛同し協力・参加していただける方を募集しますので、
希望される方は下記・青年部事務局までメール連絡をお願い致します。
(参加可能人数は、ダム側の受入れ可能人数より10名程度となります。
また、移動に際して車をお願いする場合があります。)

◆参加申込み先:青年部事務局 中村 直樹(peshimane(あっとまーく)gmail.com)

※その他留意事項:
 ・案内チラシにも記載していますが、親子参加を希望される場合は先着25名まで
 となりますのでご注意ください。
 ・昼食の料金および内容については、参加技術士は案内チラシ内容と変更する
  可能性があります。
 ・視察終了後は参加技術士による意見交換会・反省会を予定しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

第44回 技術士全国大会(山口)のご案内

2017-07-07

島根県技術士会会員の皆様

いつもお世話になっております。
山口県技術士会から、『第44回 技術士全国大会(山口)のご案内』が届きました。
 ご興味のある方はご参加下さい。

H29.10月 全国大会案内.pdf

『島根のB級遺産研究会』発会ミーティングのご案内

2017-07-03

島根県技術士会会員の皆様

いつもお世話になっております。
松浦技術士発案による『島根のB級遺産研究会』と銘打つ研究部会分科会が発足し、
その初回ミーティングの案内文書が届きました。
何やら面白そうな分科会です。
興味をお持ちの方は、お気軽にご参加下さい。

--

平成29年7月1日

島根県技術士会会員 各位

島根のB級遺産研究分科会
松浦寛司

島根のB級遺産研究分科会「発会ミーティング」のご案内

 わが島根には、くにびき神話や八雲風土記を初めとする神様に関わる書物の文化、国宝「松江城」や世界遺産「石見銀山」、更には出雲大社や多数の寺社施設に代表されるA級の歴史的観光施設がここそこにあることはご存じの通りです。また、製鉄文化を今に伝える「たたら製鉄」の復元や、「菅谷たたら山内」の修復など、18世紀と今日を結ぶ“時間の道”も見え隠れし、将に“島根には本物がある”と言われるにふさわしいと考えています。
他方、夫々の時代にはそこに生きた人々の生活があり、そこでは少しでも安全・便利に暮らしていくための色々な工夫がなされ利用されたものと考えられますが、時代の移り変わりにより、その施設の存在さえ空白化してしまったものと思うところです。
そこで、“島根のB級遺産研究会”と名を打ち、A級ではないが先人の工夫や努力が滲み出る様な珍遺産を調査研究してみたいと考えました。
つきましては、下記の日程で発会ミーティングを行い、活動の方針や役割り分担決め活動を開始したいと考えます。

ご賛同頂けます方のご参加をお願いいたします。
参加人数を把握したいので、ご連絡をお待ちしています。

日 時:平成29年7月22日(土)13:00~(2時間程度)
場 所:(株)エイト日本技術開発 松江支店 会議室(松江市東朝日町151-34)
連絡先:(株)エイト日本技術開発 松江支店 松浦寛司
TEL 0852-21-3375
E-Mail matsuura-hi(あっとまーく)ej-hds.co.jp

B級遺産の定義と例のイメージ
・暮らしの中で人為的につくられたもの
・珍しい・面白いもの
・見に行きたいと思えるようなもの
・丸太を使用した掛け樋・サイホン?
・用水用のトンネル・可動橋?
・背割り堤?
・一般に紹介されていないもの

B級遺産研究分科会 発会ミーティングの案内.doc

『庭園文化研究分科会』初回ミーティングのお知らせ

2017-06-30

島根県技術士会会員の皆様

いつもお世話になっております。
『庭園文化研究分科会』の武田幹事様から、分科会初回ミーティングの
案内文書が届きました。
いいままで参加されている方はもちろん、改めて庭園について知ってみたい方、
興味をお持ちの方は、お気軽にご参加下さい。

H29庭園分科会ミーティングの案内.doc

『 太平洋・瀬戸内海・日本海縦断技術士会in香川』への参加者募集のお知らせ

2017-06-30

島根県技術士会会員の皆様

 交流部会の佐藤幹事様から、『 太平洋・瀬戸内海・日本海縦断技術士会in香川』への
 参加者募集のお知らせが届きました。
  今年は高松市で行われ、移動はジャンボタクシーで、日帰りする予定です。
 研究事例発表として島根県から坂田技術士に「地域のお宝 再発見のお手伝い」(八雲風穴)
 というテーマで発表していただきます。
  多くの方の参加、お待ちしております。

H29縦断技術士会参加者募集(会員あて).doc

H29縦断技術士会in香川の正式案内.pdf

【塾のご案内】2017年5月度 オモシロ技術塾

2017-05-02

オモシロ技術塾 5月度のご案内です。

■日時:5月24日(水)19:00~20:30

■会場:島根県技術士会事務所
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。

■話題提供者:木佐 幸佳【総合技術監理部門 建設部門】

■テーマ:なぜ放水路事業はできたのか? -その舞台裏-

■話題提供者からのコメント:
 多数の反対者がいる中で、なぜ斐伊川放水路事業ができたのか、その舞台裏で何が行われたのか。当時の時代背景や反対する地元住民の思い、治水事業に取り組んだ先人たちの努力を振り返ってみたいと思います。そして、私たちがその事業から何を学ぶべきかを考えてみたいと思います。

■島根県技術士会事務所マップ
この場所の2階です。
会員関係なくどなたでもご参加できます。
少し入りにくいですが、あまり気になさらずご参加下さい。

平成29年度技術士試験受験対策講習会について

2017-04-17

平成29年度技術士試験受験対策講習会について

去る平成29年4月15日(土)に、技術士試験受験対策講習会が島根県測量設計業協会で行われました。

例年と比較すると参加者は少なめでしたが、例年通り鳥居先生にお越し頂き、午前の部は総合技術監理、午後の部は二次試験対策を行いました。
今年からパソコンとプロジェクタを使用した指導となりました。

午後は鳥居先生の講習の後、青年部の技術士により希望者への論文指導も行いました。
二次試験の申込が迫る中、1時間15分という短い時間でしたが、ほぼマンツーマンでの個別指導は大変好評でした。

今年も多くの合格者が生まれることを期待しています。

【塾のご案内】2017年4月度 オモシロ技術塾

2017-04-06

今月のオモシロ塾のご案内です。

■日 時:4月26日(水)19:00~20:30

■会 場:島根県技術士会事務所
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。

■テーマ:「技術者のキャリア開発における問題解決のすすめ」

■講 師:細田技術士事務所 代表
     技術士(経営工学部門 選択科目:生産マネジメント)

■話題提供者からのコメント:
     ①前半約60分:上述のテーマで講師の体験談を交え講演
     ②後半約30分:小生のクラシックギターの独奏
      歌(家内:ソプラノ)とギター伴奏

【塾のご案内】2017年3月度 オモシロ技術塾

2017-03-18

オモシロ技術塾 3月度のご案内です。

■日時:3月22日(水)19:00~20:30

■会場:島根県技術士会事務所
 島根県土地改良事業団体連合会(松江市黒田町432番地1)北側別館2階
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。

■話題提供者: 井上数夫【建設部門】

■テーマ:ボックスカルバートの工事について

■話題提供者からのコメント:先日まで携わっていました
ボックスカルバートの工事について紹介します。
みなさんと活発な意見交換ができればと思います。

国土政策フォーラムin五條

2017-02-11

全国未成線サミットが、国土政策フォーラムとして国交省共催のもと開催されます。
本フォーラムは、国交省のホームページに掲示されています。
掲示内の資料を添付しています。
http://www.mlit.go.jp/report/press/kokudoseisaku03_hh_000102.html

パネリストとして、今福線は島根県技術士会(今福線研究分科会)が担当することと
なりました。
今福線研究分科会からは、6名参加予定です。

時期として年度末で、しかも遠い地での開催とはなりますが、会員の皆様にご案内を
していただければと思います。
よろしくお願い致します。

20170304-全国未成線サミット-1.pdf

20170304-全国未成線サミット-2.pdf

« Older Entries Newer Entries »
Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.