ページトップへ戻る

島根県技術士会

‘CPD情報’

【エネルギー多様性分科会】現地視察のご案内

2018-10-09

エネルギー多様性分科会 現地視察のご案内

■活動趣旨
我々の重要な⽣活必需品であるエネルギー。世界的には、エネルギー資源の枯渇や地球温暖化などが⼤きな問題となっています。我が国においても、エネルギー問題は複雑であり、諸問題を解決するひとつの⼿段として、エネルギーの多様化が望まれます。
エネルギーの多様化により、エネルギーの安全保障に繋がります。また、様々なエネルギーがあるなか、どのエネルギーも⼀⻑⼀短。エネルギーを安定供給するためにも、エネルギーの多様化が必要ではないでしょうか。
当分科会では、地域のエネルギーの多様化について考えます。現地視察により、地域のエネルギーの
現状とそれに伴う、諸問題について考えます。

■⾏程および内容の概要(詳細は再度ご案内いたします)
11 ⽉3 ⽇(⼟)〜4 ⽇(⽇)にかけて、エネルギー多様性分科会で隠岐の島のエネルギー事情を視察することになりました。
視察施設は⻄の島の中電PRホール、⿊⽊⽕⼒発電所、ハイブリッド電源、海⼠町の⾵⼒発電所などを予定しています。以下に⾏程の概要を⽰します。
開催までにあまり時間がないですが、多くの⽅のご参加お待ちしています。

■申込締切⽇
10 ⽉17 ⽇(⽔) (期限が短くて申し訳ありません)

■参加費
\20,000 程度 内訳︓宿泊費(1 泊2 ⾷付)\7,400 フェリー代\7,000 + 飲⾷費)

■そのた
参加いただいた⽅には、参加証明書(CPD エビデンス)を発⾏します。

■連絡先
参加ご希望の⽅は、下記までご連絡ください。
幹事 井上数夫
メール︓k.inoue(アットマーク)matsue-doken.com

エネルギー多様性分科会現地視察のご案内.pdf

【今福線研究分科会】現地調査のご案内!

2018-10-03

島根県技術士会会員の皆様

いつもお世話になっております。
今福線研究分科会の和田幹事より、今年度の今福線研究分科会の活動案内が届きました。
今年度の活動は、まだその姿を見たことがない「有福第四トンネルの発見」と、「下長屋トンネルの計画変更の謎解明」です。
おもしろそうです。
多くの皆様にご参加いただきますよう、よろしくお願いします。

◎H30_今福線研究分科会_現地調査案内文.pdf

【生物多様性分科会】コウノトリの餌資源調査(調査手法の確認)のご案内

2018-10-03

島根県技術士会会員の皆様

生物多様性研究分科会の大嶋幹事からも、秋季調査のお知らせが届きました。
10月28日(日)に実施予定です。
新聞等でも取り上げられ、今話題となっている大東町のコウノトリ。
今回は、「コウノトリが雲南市を選んだ理由は、豊富な飼育源ではないか」という仮定に基づく飛来地周辺の飼育源調査を行います。
多くの方の参加、お待ちしています。

生物多様性分科会_20181001_参加者募集.pdf

【塾のご案内】2018年10月度 オモシロ技術塾

2018-10-03

オモシロ技術塾(10月度)

■日時:10月24日(水)19:00~20:30

■会場:パブリックスペース「和(なごみ)」(出雲市)
http://www.world-ss.co.jp/HP2/nagomi/index.html

駐車場数に限りがありますので、なるべく乗り合わせてご参加下さい。(満車時は代替え駐車場あり)

■話題提供者:高橋 宏道【建設部門】

■テーマ:水路・河川設計における、制約条件と安全性のバランスについて

■話題提供者からのコメント:
私が担当した砂防流路工の中で、あまりにも制約条件が厳しく、治水安全度を落として設計せざるを得ない現場がありました。
制約条件と安全性のバランス、その際のリスク管理、地元理解・防災教育など、どのようにお考えになられるか、先輩技術者のみなさまの意見が聞きたく、話題提供させて頂きます。

【活動報告】2018年9月度 オモシロ技術塾

2018-09-25

平成30年9月度 オモシロ技術塾 出席者10名
参加者:盆小原照晶、福井晴子、稲田誠、石倉昭和、角谷篤志、盛田直樹、玉木健、中村直樹、大坂伊作、長島哲郎

【講習所感】
講師が作業療法士時代に得たアイディアを元に、チャレンジの精神でゼロからイチを作っていった道のりの紹介がありました。講師が考案した「出逢いと行動と組み合わせ」の方程式を実践するにあたり、社会への貢献活動を通じていかにビジネスに繋げていくか、その巧妙なアイディアと抜群の行動力にただただ驚かされました。
久しぶりの外部講師でしたが、素晴らしい話を聞かせていただき、勉強になるとともに大変感銘を受けることができました。ありがとうございました。


オモシロ技術塾(9月度)

■日時:9月19日(水)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所
■話題提供者:杉村 卓哉【光プロジェクト株式会社 代表取締役】
■テーマ:作業療法によるイノベーション戦略
~アイデアを形にし、市場に浸透させる道のり~
■話題提供者からのコメント:
福祉分野での0から1を生み出すための思考方法やサービスを形にするための戦略につ
いてお話しします。

■参考(講師情報)
光プロジェクト株式会社
https://hikari-project.co.jp/

日刊スゴい人!
http://sugoihito.or.jp/2017/10/16918/

【塾のご案内】2018年9月度 オモシロ技術塾

2018-09-04

オモシロ技術塾(9月度)

■日時:9月19日(水)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
■話題提供者:杉村 卓哉【光プロジェクト株式会社 代表取締役】
■テーマ:作業療法によるイノベーション戦略
~アイデアを形にし、市場に浸透させる道のり~
■話題提供者からのコメント:
福祉分野での0から1を生み出すための思考方法やサービスを形にするための戦略につ
いてお話しします。

■参考(講師情報)
光プロジェクト株式会社

Home


日刊スゴい人!

リハビリのイメージを覆す「ショッピングリハビリ(R)」を生み出したスゴい人!

■島根県技術士会事務所の地図
会員関係なくどなたでもご参加できますし、CPDも発行します。
少し入りにくいですが、お気軽にご来場下さい。

【報道】夏休み自由研究親子企画”ダムについて学ぼう!”

2018-07-30

2018年7月28日に島根県技術士会青年部主催で、夏休み自由研究親子企画”ダムについて学ぼう!”を開催しました。

台風が接近して開催も危ぶまれましたが、当日は曇天の過ごしやすい気候で熱中症などが出ることも無く、無事にダムツアーを終えることができました。

直前のキャンセルもあり11組24名での開催となりましたが、沢山の親子さんに参加いただき、バス内のダムクイズなども盛り上がり、楽しんでダムについて学べたのではないかと思います。


尾原ダムでは展示物を使って説明を受けました


バージョン2として新たに考案されたダムカレー


三成ダムは放水中でした


千本ダムでは100年の歴史を感じました


ダム模型で本日回ったダムの構造について勉強しました

○新聞記事
180730ダム企画新聞記事(山陰中央新報).pdf

【活動報告】2018年7月度 オモシロ技術塾

2018-07-23

平成30年7月度 オモシロ技術塾 出席者13名
参加者:稲田誠、角谷篤志、木佐幸佳、幸前徹、永田良和、中村裕大、西田修三、大坂伊作、小豆政直、和田潤一、中村直樹、篠田秀一、長島哲郎

【講習所感】
国立公園や国立保護区における野生動物ウオッチングの話から、野口英世が黄熱病を研究したボルタ川河ローガーナ大学の話、アスワンハイダムやアコソンボダムなど日本とは桁違いな規模のダムの話など、多岐に渡る興味深い話をお聞きすることができました。
ケニヤは英語が通じるとのことで比較的日本人にも優しいようですが、安全(特にスリ)、飲料水、チップの習慣など、気をつけるべき点などもご教示いただきました。


オモシロ技術塾(7月度)

 ■日時:7月20日(金)19:00~20:30
 ■会場:島根県技術士会事務所
  ※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
 ■話題提供者:四方田 穆【農業部門、農学博士、岡山大学名誉教授】
 ■テーマ:アフリカ3国(ケニヤ、エジプト、ガ-ナ)の風物詩
 ■話題提供者からのコメント
  技術的な内容とは言えませんが、アフリカの情況はあまり知られて
いないので、3国における写真でご案内します。
  日本と開発途上国との実態の違いを一部でも感じて、海外技術協力
  にも関心を持っていただけたら幸いです。

島根県建設技術センター主催技術講習会の講師募集

2018-07-23

島根県技術士会会員の皆様

島根県建設技術センター主催で平成30年9月28日(金)に行われる
技術講習会の講師(4名)を募集します。
テーマは「斜面対策施設の設計」です。
詳しくは添付資料をご覧ください。

講師経験のない方でも、技術士会講習会担当の林理事がやさしく
相談に応じますので、ぜひ手を挙げてみてください。
お忙しいと思いますが、ご協力よろしくお願いします。

講師募集.pdf

【活動報告】平成30年度松江高専交流会(だんだん技術士会)

2018-07-06

平成30年6月13日(水)、松江高専において、環境・建設工学科3年生を対象として、松江高専だんだん技術士会(※)との交流会が行われました。
※松江高専だんだん技術士会は、松江高専OBの技術士により構成された団体です。
目的は以下の通りです。
(1)技術士制度の理解と技術的な課題解決方法について学び、在学中の技術士一次試験の受験を促す。
(2)技術士とのディスカッションを通じて、自らの将来の技術者像をイメージしてもらう。
交流会では4つの小グループに分かれて、上記(1)についてのセッション、(2)についてのディスカッションを交代で行いました。

« Older Entries
Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.