ページトップへ戻る

島根県技術士会

Archive for 2018

【活動報告】島根県建設技術センター土木技術講習会講師

2018-07-13

【活動報告】土木技術講習会(H30.6/28)

 島根県技術士会では毎年、島根県建設技術センター主催の講習会に講師を派遣して、地域の技術力向上に協力しています。
今年も「土木構造物の設計と施工」をテーマとして、下記の講習会を行いましたのでお知らせします。

1.日時  平成30年6月28日(木) 9:20~16:30
2.場所  くにびきメッセ 国際会議場(松江市学園南1丁目2-1)
3.主催  (公財)島根県建設技術センター
4.共催  島根県技術士会
5.内容(講師は4人とも島根県技術士会会員)
 1)「良く使われるプレキャスト構造物の設計」…………大塚広和(和光産業(株))
 2)「コンクリート構造物施工時の留意点」………………井上数夫(松江土建(株))
 3)「構造物の老朽化の現状と対策について」……………溝山 勇(基礎地盤コンサルタンツ(株))
 4)「橋梁等の長寿命化のための維持管理と設計技術」…松崎靖彦(松江工業高等専門学校)
6.参加者 112名

 当日は、建設会社・建設コンサルタント・官公庁から多くの方に参加していただきました。講師からは設計や施工時の留意点などについて、具体的な事例を交えて説明しました。
 参加者の皆さん方からは、
「県内の身近な事例が取り上げてあり、設計・施工の重要さをより感じた」
「今後の仕事に役立つので、このような発表を増やしてほしい」
「設計での調査不足、提案不足が後々問題になりやすいことがよく分かった」
などの声がありました。

活動報告_土木技術講習会(H30.6.28).pdf

「太平洋・瀬戸内海・日本海縦断技術士会in高知」の研究発表募集

2018-07-11

島根県技術士会会員の皆様

島根県技術士会交流部会より、毎年各県持ち回りで開催されている「太平洋・瀬戸内海・日本海縦断技術士会」研究発表会のお知らせが届きました。今年は高松で行われます。
発表会への参加と、島根県代表として発表していただく研究発表を募集します。(添付資料参照)

皆様からの応募、お待ちしています。

縦断技術士会発表者・参加者募集(会員あて).pdf

【活動報告】平成30年度松江高専交流会(だんだん技術士会)

2018-07-06

平成30年6月13日(水)、松江高専において、環境・建設工学科3年生を対象として、松江高専だんだん技術士会(※)との交流会が行われました。
※松江高専だんだん技術士会は、松江高専OBの技術士により構成された団体です。
目的は以下の通りです。
(1)技術士制度の理解と技術的な課題解決方法について学び、在学中の技術士一次試験の受験を促す。
(2)技術士とのディスカッションを通じて、自らの将来の技術者像をイメージしてもらう。
交流会では4つの小グループに分かれて、上記(1)についてのセッション、(2)についてのディスカッションを交代で行いました。

【生物多様性研究分科会】コウノトリの餌資源調査のお知らせ

2018-07-06

島根県技術士会会員の皆様
 
7月16日(土)、生物多様性研究分科会でコウノトリの餌資源調査を行う
ことになりました。初めての試みなので、研究部会の主なメンバー中心
で行いますが、興味のある会員の方にも参加願えればと思っております。

開催までに時間がないですが、またと無い機会です。
多くの方のご参加、お待ちしています。

生物多様性分科会_20180706_参加者募集.pdf

【報道】出雲流庭園文化講座 平成30年6月21日NHK放送の取材

2018-07-02

庭園文化研究会では、この5月と6月に出雲文化伝承館から依頼を受け、出雲流庭園文化講座を行いました。

平成30年5月27日(日)の第1回は26人、6月24日(日)の第2回は29人の出席がありました。
実際に庭園を回ってのガイドでは、熱心に耳を傾けていただき、大変話が盛り上がったことが印象的でした。
出雲流庭園の魅力をより多くの人に知ってもらうことができたとうれしく思っています。

そのような中で第1回講座の後、島根県技術士会事務局にNHKから島根の庭園について取材の申し込みがありました。
初回は、林秀樹技術士と武田隆司技術士に対応していただき、NHKで取材を受けました。

レポートでその模様をお伝えいたします。

20180621-NHK取材.pdf

【活動報告】H30青年部総会レポート

2018-06-29

平成30年6⽉2⽇(⼟)14:00~17:00にスティックビル503研修室にて、青年部の総会を行いました。
参加者は13名で主に2018年度の活動計画を話し合いました。
まず、2017年の実績報告・会計報告があり、その後2018年の計画について執行部で大まかに作成した案を元に参加者でブレーンストーミングを行い、その方向性を決定しました。

○総会内容
1. 2017 年度実績報告
1-1. 活動実績報告
1-2. 会計報告
2. 2018 年度活動計画
2-1. 概要説明
2-2. 議題別検討/発表(各チームにてブレスト)
2-3. 各議題のまとめ
3. その他
3-1. 夏休み企画について 他

○主要な計画
・産学交流企画
・オモシロ技術塾
・展⽰会参加
・会報発⾏
・夏休み企画


ブレーンストーミングの様子です。このチームはオモシロ技術塾を担当しました


展示会・会報発行を担当したグループです


産学交流企画を担当したグループです


和気あいあいとした雰囲気のなか話が進みます


ブレストの後はリーダーが全体に要旨を説明し本年の活動の方向性を決定しました

【募集中】夏休み自由研究親子企画”ダムについて学ぼう!”

2018-06-29

※7/9現在、まもなく定員に達する予定です。
※昨年は締め切りを待たずに定員を超えました。お早めのお申し込みをお願いいたします



■■ダムについて学ぼう!■■

島根県技術士会青年部では、今年も夏休み自由研究親子企画として、小学校5年生~中学校2年生の親子向けにダムツアーを実施します。

専門家がわかりやすくダムについて説明をしながら、実際に普段は入られないダムの内部を見学したり、ダムカレーなどを食べながら、クイズなどを交えて楽しい1日を過ごしていただきます。ダムに興味が無かった皆さんも、きっと興味がわいてダム博士になれますよ!

お申し込みは、7月17日までに参加者氏名(年齢)・性別・住所・当日連絡可能な電話番号を添えて、下記のメールアドレスまでお送り下さい。申込多数の場合は先着順としますので、お早めにお申し込み下さい。

申込先メールアドレス:
peshimane@gmail.com (担当:中村)
※取得した個人情報は、本イベントの開催に関わる連絡以外には使用いたしません。

*実施日* 7月28日(土)

*参加費* 1人1,000円(昼食代として)

*参加対象* 小学校高学年~中学生の親子(最大30人)

*服装、持参品* 歩きやすい靴、筆記用具、その他(カメラ、飲み物など)

*行動予定* 9:30出雲市駅発~尾原ダム(ダムカレーを食べよう!)~三成ダム~千本ダム~17:30出雲市駅着解散

※詳しい集合場所はお申込後個別連絡します。移動は中型バスを準備します。
※雨天決行します。(ただし、大雨のときには中止する可能性があります。)
※当日は十分な暑さ対策や準備をしての参加をお願いします。(団体保険に加入します。)
※申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。

研究部会 分科会活動のお知らせ

2018-06-27

島根県技術士会会員の皆様
 
 お世話になっております。
 6月23日(土)、理事会と研究部会が開かれ、H30年度に活動する
 研究部分科会が以下の通りに決定しました。
 これ以外にも現在実施検討中の分科会があり、実施が決定次第、
 改めて連絡させていただきます。

 初めて参加される方、大歓迎!
 多くの皆様の参加、お待ちしています。
 参加希望やお問い合わせは、各幹事さんまでお願いします。

1)水資源・水環境分科会   幹事 大掛 敏博 ogake(あっとまーく)atlas-co.jp
2)庭園文化研究分科会    幹事 武田 隆司 t.takeda(あっとまーく)lat.co.jp
3)今福線研究分科会     幹事 和田 浩  h-wada(あっとまーく)wesco.co.jp
4)生物多様性研究分科会   幹事 大嶋 辰也 t-oshima(あっとまーく)wesco.co.jp
5)島根県B級遺産研究分科会  幹事 松浦 寛司 matsuura-hi(あっとまーく)ej-hds.co.jp 

※本年より、参加者にはCPDエビデンスを発行します

【活動報告】出雲流庭園文化講座(第2回)

2018-06-27

出雲流庭園文化講座(第2回)
庭園文化研究分科会幹事 武田隆司

平成30年6月24日(日)、出雲文化伝承館において出雲流庭園文化講座~第2回「庭と屋敷」を行いました。
これは出雲文化伝承館から本分科会に依頼されたもので、この地方独特の地域資源である出雲流庭園の魅力をより多くの人に知ってもらうとともに、館内にある豪農屋敷の庭(出雲流庭園)のPRを行うものです。初回の「出雲流庭園の魅力(入門編)」に引き続き、第2回では、「屋敷と庭」と題して、屋敷や庭の方位、出雲平野の民家の間取りと庭の飛び石の関係等について宇野技術士による座学を行った後、実際に庭を散策し、庭の特徴や見所等について、宇野、原、山村、木佐、武田の5名の分科会メンバーによりガイダンスを行いました。参加者は約30名で半数は第1回からのリピーターの方々でした。ガイダンスでは「灯ろうや飛び石の意味や材質」、「庭木の種類や手入れ」、「庭のデザイン」などについて活発な質問や意見が出され、出雲流庭園への関心の高さが感じられました。

詳細はこちらの報告書をご覧下さい。
【活動報告】第2回出雲流庭園文化講座.pdf

【技術士会会員向け】夏休み自由研究親子企画への参加について

2018-06-21

※一般向け募集は後日行います

島根県技術士会会員の皆様

平素は青年部会活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび青年部会活動の一つとして昨年に引き続き、7月28日(土)に「夏休み自由研究親子企画(ダムについて学ぼう!)」(※添付チラシ参照)を企画しました。
昨年は松江市内の小中学生を対象としましたが、好評につき、今年は出雲市内の小中学生(小5~中2)としています。
内容は、大正時代築造で今年100周年を迎えた「千本ダム」、戦後築造で日本初アーチダムの「三成ダム」、直近築造で近代多目的ダムの「尾原ダム」の三箇所を視察し、子供達にダム技術の遍歴や先人の技術力の高さを学んでもらおうというものです。
(視察に当たっては、各管理機関に協力を依頼し、当日施設案内を行っていただくことになっています。)
また、視察のみでなく、啓蒙ツール・イベントとして 「ダムクイズ」「ダムカード(配布)」「尾原ダムカレー(昼食)」「ダム模型学習(藤井基礎さんご協力)」なども予定しています。

つきましては、本企画に賛同し、協力スタッフとしてご参加いただける方を募集いたします。
協力していただける方は、事務局・中村(peshimane(あっとまーく)gmail.com) までメール連絡をお願い致します。
(〆切は7月8日とさせてください。)
(もちろん、青年部という括りは全くありません。)
(参加可能人数は、ダム側の受入れ可能人数より10名程度となります。また、移動に際して車をお願いする場合があります。)

※その他留意事項:
・案内チラシにも記載していますが、親子参加の方を希望される場合は先着30名程度までとなりますのでご注意ください。
・参加技術士の昼食代は青年部より補助する予定です。
・終了後は参加技術士による意見交換会・反省会を予定しています。

ダムについて学ぼう!!.pdf

« Older Entries
Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.