ページトップへ戻る

島根県技術士会

‘青年部’

【活動報告】2017年11月度 オモシロ技術塾

2017-11-24

平成29年11月度 オモシロ技術塾 出席者11名
参加者:大坂 伊作、井上 数夫、稲田 誠、余村 浩、和泉 孝嗣、篠田 秀一、木佐 幸佳、玉木 健、曽田 啓、中村 直樹、石崎 正信、境 英治

【講習所感】
大橋川治水事業について、一旦、地元関係が原因で凍結していた事業を地元自治体として再開に導くことができた経緯を実体験に基づいて説明して頂きました。

この事業は約40年前の事業構想に始まり、現在工事が進捗している状況になっているのは、地元住民への説明の際に工夫したことを例に挙げ①強い信念とリーダーシップ、②真摯に粘り強く地元関係者との対応したこと、③コミュニケーションスキルが重要ということでした。

実例を踏まえて説明して頂き、我々技術者には共通して上記の能力の大切さを感じました。

■テーマ:なぜ、大橋川治水事業はスタートできたのか?~その舞台裏~
■話題提供者:永田 良和【建設部門】
■日時:11月22日(水)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所

■話題提供者からのコメント:
 昭和57年に一旦着手された大橋川治水事業ですが、鳥取県からの反対により、
30年以上凍結されていたものの、平成20年12月に地元松江市が大橋川改修計画
に同意し、平成22年9月に斐伊川水系河川整備計画が策定され、大橋川改修事業
が実施されることとなりました。
今回は、30年間も凍結されていた大橋川治水事業が再開されることとなった
ポイントとその舞台裏をお話しできればと思います。
 今年5月に講演された「なぜ、放水路事業はできたのか?(木佐技術士)」の
大橋川版だと思って下さい。

【活動報告】2017年10月度 オモシロ技術塾

2017-11-08

平成29年10月度 オモシロ技術塾 出席者9名
参加者:篠田秀一、稲田誠、井上数夫、石倉昭和、中村直樹、嘉藤剛、大坂伊作、幸前徹、長島哲郎

【講習所感】
短期間での堆肥化を可能とした高圧通気システムや、大量の悪臭を処理できる高性能な脱臭装置など、先進的な研究開発をこの山陰でされている株式会社ミライエの島田社長にお話しいただきました。
その環境への造詣は世界規模で、現代~未来の食糧問題や環境問題などを直視し、より効率的に環境への配慮ができる装置の製作に当たっておられるその姿は、我々技術者として大変誇りに思いました。
また、シンプルに見える装置にも一重二重に工夫がされており、技術開発の難しさについて知る事ができました。

【株式会社ミライエ】
http://www.miraie-corp.com

◆10月オモシロ技術塾(外部講師)
■日時:10月30日(月)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所
  (松江市黒田町432-1 島根県土地改良事業団体連合会 北側別館2F)
  ※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
■話題提供者:島田 義久【株式会社ミライエ 代表取締役】(外部講師)
■テーマ:「高圧通気による堆肥生産の手法およびガラス発泡剤を用いた脱臭装置について」

■話題提供者からのコメント:
  廃棄物処理施設や畜産施設に寄せられる苦情の大半は、悪臭公害によるものです。
 当社が島根県と共同で開発した高圧通気方式と、鳥取県が開発したガラス発泡剤による脱臭方式が、
 こうした現場でどのように活用されているか、原理と事例を紹介いたします。


H29産学交流企画の募集について

2017-10-26

島根県技術士会会員の皆さま

いつもお世話になっております。
青年部の中村様から、「島根大学&松江高専との産学交流イベント」のお知らせが届きました。
今回は「共催」として、「島根大学 地域未来戦略センター」様と、昨年発足した「松江高専だんだん技術士会」様が加えて参加され、益々地域貢献度の高いイベントになるようです。

イベント終了後は、島大・高専の先生方を交えた懇親会も行われます。
多くの会員の皆さまのご参加・ご協力をお待ちしております。

◆日時:平成29年12月9日(土)10:00~17:00
※懇親会18:00~(予定)
◆場所:島根大学 総合理工学部3号館2階「多目的ホール」
◆内容:添付のチラシをご覧ください。
◆参加申込み:事務局・中村(peshimane(アットマーク)gmail.com)まで、
①産学交流イベント、②懇親会への参加 の旨をご連絡ください。
◆申込み〆切:平成29年11月22日(水)

H29産学交流チラシ.pdf

【塾のご案内】2017年10月度 オモシロ技術塾 ※外部講師

2017-10-12

◆10月オモシロ技術塾(外部講師)
※今回も開催日時が通常(月末水曜)とは異なりますのでご注意下さい。

■日時:10月30日(月)19:00~20:30
■会場:島根県技術士会事務所
  (松江市黒田町432-1 島根県土地改良事業団体連合会 北側別館2F)
  ※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
■話題提供者:島田 義久【株式会社ミライエ 代表取締役】(外部講師)
■テーマ:「高圧通気による堆肥生産の手法およびガラス発泡剤を用いた脱臭装置について」

■話題提供者からのコメント:
  廃棄物処理施設や畜産施設に寄せられる苦情の大半は、悪臭公害によるものです。
 当社が島根県と共同で開発した高圧通気方式と、鳥取県が開発したガラス発泡剤による脱臭方式が、
 こうした現場でどのように活用されているか、原理と事例を紹介いたします。

■島根県技術士会事務所
島根県土地改良事業団体連合会(松江市黒田町462番地1)北側別館2F

※↓この場所の2階です。
会員関係なくどなたでもご参加できます。
少し入りにくいですが、あまり気になさらずお入り下さい。

【活動報告】2017年9月度 オモシロ技術塾

2017-09-27

平成29年9月度 オモシロ技術塾 出席者9名
参加者:稲田誠、井上数夫、中村直樹、角谷篤志、嘉藤剛、木佐幸佳、北村清、大嶋辰也、行武宗軋

【講習所感】
社☆ガール(神社ガールズ研究会)の活動内容、美保関や出雲国を中心とした神社および神話について、国引きジオパーク構想の活動を中心に説明して頂きました。

今回の神話などの話から、神社へは事前に知識を得てから行けば、今までとは違った目線でお参りや観光できるものと感じました。

ジオパーク構想は松江・出雲の地形、地質、神話などの文化を絡めた興味深いお話が聞けました。

■日時:9月22日(金)19:00~20:30くらいまで

■会場:島根県技術士会事務所
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
 ※詳細は文末をご覧下さい

■話題提供者:福井晴子【応用理学部門】

■テーマ:「出雲国のプチトリビア ~神社と神話と社☆ガールと~」

■話題提供者からのコメント
今回は、「オモシロ技術塾」というより、「オモシロ塾」。
技術的要素はかなり薄めですので、ご了承ください。
(自己紹介とあわせ、少しだけ専門分野についても触れさせて頂きます)
メインは、私が所属している「社☆ガール(神社ガールズ研究会)」の活動紹介
とからめて、美保関や出雲国を中心とした神社のこと、神話のことなどを緩やか
にご紹介したいと思います。
翌日からの話題のタネがご提供できると嬉しく思います。

【塾のご案内】2017年9月度 オモシロ技術塾

2017-09-08

◆9月オモシロ技術塾
※今回は開催日時が通常(月末水曜)とは異なりますのでご注意下さい。

■日時:9月22日(金)19:00~20:30くらいまで

■会場:島根県技術士会事務所
※事務所にはトイレがありませんのでご注意ください。
 ※詳細は文末をご覧下さい

■話題提供者:福井晴子【応用理学部門】

■テーマ:「出雲国のプチトリビア ~神社と神話と社☆ガールと~」

■話題提供者からのコメント
今回は、「オモシロ技術塾」というより、「オモシロ塾」。
技術的要素はかなり薄めですので、ご了承ください。
(自己紹介とあわせ、少しだけ専門分野についても触れさせて頂きます)
メインは、私が所属している「社☆ガール(神社ガールズ研究会)」の活動紹介
とからめて、美保関や出雲国を中心とした神社のこと、神話のことなどを緩やか
にご紹介したいと思います。
翌日からの話題のタネがご提供できると嬉しく思います。

■島根県技術士会事務所 住所
島根県土地改良事業団体連合会(松江市黒田町462番地1)北側別館2F

※↓この場所の2階です。
会員関係なくどなたでもご参加できます。
少し入りにくいですが、あまり気になさらずお入り下さい。

【活動報告】2017年8月度 オモシロ技術塾

2017-08-28

平成29年8月度 オモシロ技術塾 出席者9名
参加者:稲田 誠、中村 直樹、長島 哲郎、大坂 伊作、福井 晴子、井上 数夫、永海 飛鳥、斎藤 龍太、山崎 富男

【講習所感】
CIMを単なる合意形成のツールとしてでは無く3次元の地質解析技術に応用した例などの紹介がありました。
また、講師自身によるCIM3次元地質解析コンソーシアムへの参加を通して、3D化のメリットデメリットを正しく把握した上での利用が必要であることを説明されていました。

■日時:8月23日(水)19:00~20:30

■会場:パブリックスペース「和(なごみ)」(出雲市)
 http://www.world-ss.co.jp/HP2/nagomi/index.html
※8月は開催場所が通常と異なりますのでご注意下さい。
※駐車場数に限りがありますので、なるべく乗り合わせてご参加下さい。
(満車時は代替え駐車場あり)

■話題提供者:花本 孝一郎【建設部門、応用理学部門他】

■テーマ:「CIMにおける3次元地質モデルの位置づけと今後の展望」

■話題提供者からのコメント
建設関連産業従事者の減少、高齢化などを背景に、国交省の主導により、数年前からCIM・i-Constructionとして建設関連事業の効率化、省力化が進められてきています。
このような中、3次元地質モデルは明確な品質基準や技術体系がなく作成者の主観的な判断に委ねられていたため、「技術者の解釈と想像力を加えた推定モデル」と位置付けられ、標準化が遅れていました。
品質が担保されていない3次元地質モデルが流通することにより、地質解析技術そのものへの信頼が損なわれかねません。
全地連では、この問題に対して、3次元地質解析技術を標準化並びに技術の普及を目指してコンソーシアムを立ち上げて、昨年度から活動しています。
今回は、CIMやi-Constructionにおける3次元地質モデルの位置づけと標準化について、全地連コンソーシアムの考え方や取り組みなどを紹介させていただきます。

夏休み親子企画「ダムについて学ぼう!」レポート

2017-08-22

先般2017/8/12に行われました青年部会 夏休み親子企画「ダムについて学ぼう!」には、多数の親子さんのご参加をいただき、盛況のうちに終わることができました。
ご参加いただいた方、スタッフの皆様、誠にありがとうございました。

また、メディアからの取材も2社ありましたのでご報告いたします。

夏休み親子企画「ダムについて学ぼう!」レポート.pdf

20170813 ダム企画新聞報道.pdf

【塾のご案内】2017年8月度 オモシロ技術塾(出雲開催)

2017-08-09

■日時:8月23日(水)19:00~20:30

■会場:パブリックスペース「和(なごみ)」(出雲市)
 http://www.world-ss.co.jp/HP2/nagomi/index.html
※8月は開催場所が通常と異なりますのでご注意下さい。
※駐車場数に限りがありますので、なるべく乗り合わせてご参加下さい。
(満車時は代替え駐車場あり)

■話題提供者:花本 孝一郎【建設部門、応用理学部門他】

■テーマ:「CIMにおける3次元地質モデルの位置づけと今後の展望」

■話題提供者からのコメント
建設関連産業従事者の減少、高齢化などを背景に、国交省の主導により、数年前からCIM・i-Constructionとして建設関連事業の効率化、省力化が進められてきています。
このような中、3次元地質モデルは明確な品質基準や技術体系がなく作成者の主観的な判断に委ねられていたため、「技術者の解釈と想像力を加えた推定モデル」と位置付けられ、標準化が遅れていました。
品質が担保されていない3次元地質モデルが流通することにより、地質解析技術そのものへの信頼が損なわれかねません。
全地連では、この問題に対して、3次元地質解析技術を標準化並びに技術の普及を目指してコンソーシアムを立ち上げて、昨年度から活動しています。
今回は、CIMやi-Constructionにおける3次元地質モデルの位置づけと標準化について、全地連コンソーシアムの考え方や取り組みなどを紹介させていただきます。

【活動報告】2017年7月度 オモシロ技術塾

2017-07-20

平成29年7月度 オモシロ技術塾 出席者12名

参加者:水津功、村上英明、岸根真志、高木眞一、和田浩、服部輝明、三浦洋一、平野昌之、渡辺操、河上益生、倉本和朋、倉本良子

【講習所感】

話題①
広浜鉄道今福線について、計画概要の説明からこれまでの調査結果の紹介と、そこから見える今福線の設計思想について説明頂きました。
アーチ橋(無筋コンクリート)の遺構について、戦前から戦後にかけての時代背景から鋼材不足により無筋構造になっているとの解説は大変興味深いお話でした。

話題②
高速道路の建設について、測量・設計から用地取得、建設工事までの過程をエピソードを交えながら分かりやすく紹介頂きました。
土地収用や幅杭設置に関する体験談については、普段経験することができないものであり、大変貴重なお話を伺うことができました。

■日時:7月8日(土)13:30~15:30
■会場:ウエスコ浜田支店(会議室) 浜田市黒川町328-1

【話題①】13:30~14:30
■話題提供者:和田 浩【建設部門】 
■テーマ:今福線から見える設計思想
■話題提供者からのコメント:
 幻の広浜鉄道「今福線」の調査結果から構造物の設計の考え方などについて説明します。

【話題②】14:30~15:30
■話題提供者:村上 英明【建設部門】 
■テーマ:高速道路の作り方
■話題提供者からのコメント:
 高速道路の線形(直線からクロソイド曲線へ)の決め方、地元へ話をする手順、基本設計
から詳細設計、中心線測量と用地 杭設置、用地取得(買収、強制収容)、建設工事着工から
完成までなど、高速道路の出来上がっていく過程を追ってお話し、時間が許す限りそれらの
裏話を紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

« Older Entries
Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.