ページトップへ戻る

島根県技術士会

‘エネルギー多様性分科会’

【エネルギー多様性分科会】現地視察のご案内

2018-10-09

エネルギー多様性分科会 現地視察のご案内

■活動趣旨
我々の重要な⽣活必需品であるエネルギー。世界的には、エネルギー資源の枯渇や地球温暖化などが⼤きな問題となっています。我が国においても、エネルギー問題は複雑であり、諸問題を解決するひとつの⼿段として、エネルギーの多様化が望まれます。
エネルギーの多様化により、エネルギーの安全保障に繋がります。また、様々なエネルギーがあるなか、どのエネルギーも⼀⻑⼀短。エネルギーを安定供給するためにも、エネルギーの多様化が必要ではないでしょうか。
当分科会では、地域のエネルギーの多様化について考えます。現地視察により、地域のエネルギーの
現状とそれに伴う、諸問題について考えます。

■⾏程および内容の概要(詳細は再度ご案内いたします)
11 ⽉3 ⽇(⼟)〜4 ⽇(⽇)にかけて、エネルギー多様性分科会で隠岐の島のエネルギー事情を視察することになりました。
視察施設は⻄の島の中電PRホール、⿊⽊⽕⼒発電所、ハイブリッド電源、海⼠町の⾵⼒発電所などを予定しています。以下に⾏程の概要を⽰します。
開催までにあまり時間がないですが、多くの⽅のご参加お待ちしています。

■申込締切⽇
10 ⽉17 ⽇(⽔) (期限が短くて申し訳ありません)

■参加費
\20,000 程度 内訳︓宿泊費(1 泊2 ⾷付)\7,400 フェリー代\7,000 + 飲⾷費)

■そのた
参加いただいた⽅には、参加証明書(CPD エビデンス)を発⾏します。

■連絡先
参加ご希望の⽅は、下記までご連絡ください。
幹事 井上数夫
メール︓k.inoue(アットマーク)matsue-doken.com

エネルギー多様性分科会現地視察のご案内.pdf

Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.