ページトップへ戻る

島根県技術士会

‘トピックス’

【塾のご案内】2018年11月度 オモシロ技術塾 インフラメンテナンスにおける環境分析の現状(ご案内)

2018-10-19

オモシロ技術塾(11月度)

島根県技術士会 青年部会 主催 ( 公財)島根県環境保健公社 共催
インフラメンテナンスにおける環境分析の現状(ご案内)

島根県技術士会 青年部会では、技術者の皆さんを対象に、オモシロ技術塾を定期的に開催しています。
今回のオモシロ技術塾は、「インフラメンテナンスにおける環境分析の現状」をテーマに、「行政におけるインフラメンテナンスについて」、「インフラメンテナンス調査設計の実務について」、「インフラメンテナンス分析実務について」について発表を行います。
インフラメンテナンスについての行政の考え方、調査設計の実務、必要な化学分析などについて一貫して学ぶことができます。今後の研鑽にもお役に立てると思います。奮ってのご参加をお待ちしています。
なお、メール送信可能な方は、事務の省力化のため、できるだけ島根県技術士会 青年部会のメールアドレス(peshimane(アットマーク)gmail.com)を通じてお申し込み下さい。

(申込み期限:平成30 年11 月9 日(金)まで)

1.日 時 平成30 年11 月17 日(土) 13:00~17:00(12:30~受付)

2.場 所 (公財)島根県環境保健公社 2 階健診ホール (松江市古志原一丁目4 番6 号)

3.内 容
13:00~13:05 開会 挨拶
13:05~13:40 島根県のインフラメンテナンスの考え方について 池森 徹氏(建設部門)
13:40~14:15 塗膜調査に関する事例紹介 糸原 浩氏(建設部門)、成相 知氏(建設部門)
14:15~14:25 《休 憩》
14:25~15:35 インフラメンテナンス分析実務及び試験設備紹介 北尾大樹氏(公社)
15:35~15:45 《休 憩》
15:45~16:45 最近の環境問題などについて 戸田顕史氏(公社)
16:45~17:00 講評・閉会 挨拶

4.定員、対象、参加費、CPD
(1)定 員 30人
(2)対 象 会員及び技術者を歓迎します。
(3)参加費 無料
(4)CPD 参加者にはCPD:3.33Pの参加票を発行いたします(JCCA に申請中)

※問い合せ先
島根県技術士会 青年部会 事務局(山陰開発コンサルタント株式会社 内)
TEL 0852-21-0364 FAX 0852-21-0584 E-mail:peshimane(アットマーク)gmail.com

概要及び申込書.pdf

【エネルギー多様性分科会】現地視察のご案内

2018-10-09

エネルギー多様性分科会 現地視察のご案内

■活動趣旨
我々の重要な⽣活必需品であるエネルギー。世界的には、エネルギー資源の枯渇や地球温暖化などが⼤きな問題となっています。我が国においても、エネルギー問題は複雑であり、諸問題を解決するひとつの⼿段として、エネルギーの多様化が望まれます。
エネルギーの多様化により、エネルギーの安全保障に繋がります。また、様々なエネルギーがあるなか、どのエネルギーも⼀⻑⼀短。エネルギーを安定供給するためにも、エネルギーの多様化が必要ではないでしょうか。
当分科会では、地域のエネルギーの多様化について考えます。現地視察により、地域のエネルギーの
現状とそれに伴う、諸問題について考えます。

■⾏程および内容の概要(詳細は再度ご案内いたします)
11 ⽉3 ⽇(⼟)〜4 ⽇(⽇)にかけて、エネルギー多様性分科会で隠岐の島のエネルギー事情を視察することになりました。
視察施設は⻄の島の中電PRホール、⿊⽊⽕⼒発電所、ハイブリッド電源、海⼠町の⾵⼒発電所などを予定しています。以下に⾏程の概要を⽰します。
開催までにあまり時間がないですが、多くの⽅のご参加お待ちしています。

■申込締切⽇
10 ⽉17 ⽇(⽔) (期限が短くて申し訳ありません)

■参加費
\20,000 程度 内訳︓宿泊費(1 泊2 ⾷付)\7,400 フェリー代\7,000 + 飲⾷費)

■そのた
参加いただいた⽅には、参加証明書(CPD エビデンス)を発⾏します。

■連絡先
参加ご希望の⽅は、下記までご連絡ください。
幹事 井上数夫
メール︓k.inoue(アットマーク)matsue-doken.com

エネルギー多様性分科会現地視察のご案内.pdf

【今福線研究分科会】現地調査のご案内!

2018-10-03

島根県技術士会会員の皆様

いつもお世話になっております。
今福線研究分科会の和田幹事より、今年度の今福線研究分科会の活動案内が届きました。
今年度の活動は、まだその姿を見たことがない「有福第四トンネルの発見」と、「下長屋トンネルの計画変更の謎解明」です。
おもしろそうです。
多くの皆様にご参加いただきますよう、よろしくお願いします。

◎H30_今福線研究分科会_現地調査案内文.pdf

【生物多様性分科会】コウノトリの餌資源調査(調査手法の確認)のご案内

2018-10-03

島根県技術士会会員の皆様

生物多様性研究分科会の大嶋幹事からも、秋季調査のお知らせが届きました。
10月28日(日)に実施予定です。
新聞等でも取り上げられ、今話題となっている大東町のコウノトリ。
今回は、「コウノトリが雲南市を選んだ理由は、豊富な飼育源ではないか」という仮定に基づく飛来地周辺の飼育源調査を行います。
多くの方の参加、お待ちしています。

生物多様性分科会_20181001_参加者募集.pdf

【庭園文化研究分科会】庭園視察募集の案内

2018-09-26

島根県技術士会会員 各位

庭園文化研究分科会
幹事 武田隆司

「出雲市周辺の古刹の庭の視察」のご案内

出雲地方には、地域特有の庭園様式とされる「出雲流庭園」をはじめとして、築地松屋敷や商家、旧本陣や寺院など様々な場所に「名園」と称される庭が残っています。これらはみな貴重な地域資源ですが、近年荒廃が進んでいるものもあり、その保全と活用が課題です。
今年度は、出雲市周辺の寺院の庭を中心に視察しようと思います。願楽寺(出雲市)は、松平不昧も訪れたという庭です。勝定寺(出雲市)は、「枯山水」や「池泉庭園」などの禅宗庭園を備えています。また雲南市三刀屋の山麓にある峯寺では、風土記掲載の山を背景に松平不昧ゆかりの庭を見ながら精進料理をいただこうと思います。合わせて今回特別に斐川の豪農屋敷の庭(原鹿庭園や出雲文化伝承館の庭と同様の庭)を見せていただけることになりました。
島根の庭園に興味をお持ちの方はお気軽にご参加下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

視察日 :平成30 年10 月 28 日(日)(9:00~15:00 頃まで)

集合場所:松江市役所(9:00 頃集合予定)、県出雲合庁(9:40 頃集合予定)

視察箇所:
願楽寺庭園(出雲市白枝町26-1)
勝定寺庭園(馬木町59)
峯寺庭園(雲南市三刀屋町給下1381 )
豪農屋敷(E邸)庭園(出雲市斐川町)
※スケジュールの詳細については、後日参加希望者にご案内します。

参加費: 1,000 円程度を考えています。(峯寺での昼食代込み)

連絡先:(株)LAT環境クリエイト 山陰支店 武田隆司
E-mail:t.takeda(アットマーク)lat.co.jp
参加希望者は10 月19 日(金)までにご連絡をお願いします。

H30年度視察のご案内.pdf

【報道】出雲流庭園文化講座 平成30年6月21日NHK放送の取材

2018-07-02

庭園文化研究会では、この5月と6月に出雲文化伝承館から依頼を受け、出雲流庭園文化講座を行いました。

平成30年5月27日(日)の第1回は26人、6月24日(日)の第2回は29人の出席がありました。
実際に庭園を回ってのガイドでは、熱心に耳を傾けていただき、大変話が盛り上がったことが印象的でした。
出雲流庭園の魅力をより多くの人に知ってもらうことができたとうれしく思っています。

そのような中で第1回講座の後、島根県技術士会事務局にNHKから島根の庭園について取材の申し込みがありました。
初回は、林秀樹技術士と武田隆司技術士に対応していただき、NHKで取材を受けました。

レポートでその模様をお伝えいたします。

20180621-NHK取材.pdf

【活動報告】出雲流庭園文化講座(第2回)

2018-06-27

出雲流庭園文化講座(第2回)
庭園文化研究分科会幹事 武田隆司

平成30年6月24日(日)、出雲文化伝承館において出雲流庭園文化講座~第2回「庭と屋敷」を行いました。
これは出雲文化伝承館から本分科会に依頼されたもので、この地方独特の地域資源である出雲流庭園の魅力をより多くの人に知ってもらうとともに、館内にある豪農屋敷の庭(出雲流庭園)のPRを行うものです。初回の「出雲流庭園の魅力(入門編)」に引き続き、第2回では、「屋敷と庭」と題して、屋敷や庭の方位、出雲平野の民家の間取りと庭の飛び石の関係等について宇野技術士による座学を行った後、実際に庭を散策し、庭の特徴や見所等について、宇野、原、山村、木佐、武田の5名の分科会メンバーによりガイダンスを行いました。参加者は約30名で半数は第1回からのリピーターの方々でした。ガイダンスでは「灯ろうや飛び石の意味や材質」、「庭木の種類や手入れ」、「庭のデザイン」などについて活発な質問や意見が出され、出雲流庭園への関心の高さが感じられました。

詳細はこちらの報告書をご覧下さい。
【活動報告】第2回出雲流庭園文化講座.pdf

【庭園文化研究分科会】第2回出雲流庭園文化講座のお知らせ

2018-06-07

島根県技術士会会員の皆様

庭園文化研究分科会 武田隆司

庭園文化研究分科会の活動として、「出雲流庭園文化講座」を行っています。
第1回は、平成30年5月27日(日)、出雲文化伝承館において出雲流庭園文化講座「出雲流庭園の魅力」を行いました。武田技術士による座学の後、実際に館内の豪農屋敷の庭(出雲流庭園)を散策し、庭の特徴や見所等について、分科会メンバー6人によるガイダンスを行いました。

第2回は、平成30年6月24日(日)(14:00~16:00)、出雲文化伝承館において、宇野技術士による「屋敷と庭」の座学と、第1回と同様に庭のガイダンスを行う予定です。
この庭は出雲流庭園の原形となる庭ですが、普段は屋敷内からの拝観のみで、回遊することはできません。この機会に出雲流庭園を肌で感じてみてはいかがでしょうか。

参加希望の方は、出雲文化伝承館にTEL(0853-21-2460)でお申し込み下さい。
なお、参加料は300円(資料代)です。

ふるってご参加ください。

第2回出雲流庭園文化講座のお知らせ(HPトピック).pdf

H29年度研究報告の掲載について

2018-05-24

大変遅くなりましたが、H29年度(2017年度)研究報告を掲載しました。
下記リンクよりお進み下さい。

http://peshimane.net/publication/research_report

H30総会と土木技術講習会講師募集のお知らせ

2018-04-03

島根県技術士会会員の皆様

 お世話になっております。
 年度末の慌ただしさから解放され、一段落されている方も多いのではないでしょうか。

 新年度が始まりました。
 島根県技術士会理事会では、下記内容で5月19日(土)に行う総会に向け準備を進めております。
 会員の皆様には4月10日ごろ、総会への出欠を確認する往復はがきを郵送します。
 多くの方の「出席」のお返事をお待ちしています。

  日 時:平成30年5月19日(土) 13:00~17:00(新入会員の方は12:30より)
  場 所:ホテルニューウェルシティ出雲(島根県出雲市塩冶有原町2-15-1)
   議 事 (13:00~15:20)
    (1)名誉会員の推戴、新入会員紹介  (2)平成29年度事業及び決算報告
    (3)平成30年度事業計画及び予算案  (4)島根県技術士会会則改正について など
   特別講演(15:30~17:00)
    仮題「『思い』は実現する」 島根県技術士会名誉理事  藤井三千勇 氏
   懇親会:(特別講演終了後、ホテルにおいて) 参加費 5,000円

 また、島根県技術士会では、島根県建設技術センター主催の「土木技術講習会」に、
 毎年講師を派遣しています。
 今年は、下記2講習にて島根県技術士会会員の皆様から講師を募集します。
 講師経験のない方も大歓迎。技術士としてのレベル・知名度アップに最適です。
 希望者および問い合わせは、事務局まで返信にてお願いします。
  6月28日(木) 「土木構造物の設計」 参加定員90人 くにびきメッセ501
  9月28日(金) 「斜面対策施設の設計」 参加定員90人 くにびきメッセ501 
                 (添付資料参照)

土木技術講習会

« Older Entries
Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.