ページトップへ戻る

島根県技術士会

7月, 2019年

【活動報告】2019年7月度 オモシロ技術塾(西部開催)

2019-07-11

令和元年7月度 オモシロ技術塾 出席者19名

参加者:村上英明、木佐幸佳、和泉孝嗣、岡崎禎広、大畑富紀、河上益生、木村賢一、佐々木孝夫、田中繁幸、寺戸一貴、寺戸久雄、平野昌幸、宮崎幸司、三好拓哉、村木 繁、籾山英樹、盛田直樹、和田 浩、渡辺 操

【講習所感】

話題①
①技術士の更新制度について詳細な説明をして頂き、最新の情報を聞くことが出来ました。
②発注者側が建設コンサルタントに求めていることについて、アンケートによる意見を紹介して頂きました。
 また、受注者から発注者への意見についても紹介があり、お互いに相手の思うところを知ることが出来ました。
 発表後の質疑応答の時間では、参加者による活発な意見交換が行われ、大変有意義な時間になりました。

話題②
公共事業を実施していく中で起きた地元の反対運動について、体験を基にした話題を提供して頂きました。
反対運動の発生から、どのように解決してされたのかについて、判り易く紹介頂きました。
地元の反対運動を終結するためには、長い年月と大変な苦労があることを知ることができました。

(本会員:水津功さまからの情報提供)
「公共事業と反対運動」の話題に関連する資料について、紹介頂きましたのでご案内します。
建設技術者のためのコミュニティサイト「ConCom」内の動画資料「斐伊川放水路事業の動画」になります。
下記にカーソルを合わせてEnterを押すと動画が出ます。▷をクリックして動画を鑑賞してください。

http://concom.jp/contents/video_learn/vol003/

■日時:令和元年7月6日(土)13:30~16:00
■会場:(株)ウエスコ浜田支店 会議室
〒697-0024 島根県浜田市黒川町328-1

【話題①】13:30~14:45
■話題提供者:木佐 幸佳 【建設部門】 
■テーマ:Ⅰ.技術士更新制度について
 Ⅱ.建設コンサルタントに求めること -発注者の声から-
■話題提供者からのコメント:
 Ⅰ.技術士の更新制度について情報提供します。
 Ⅱ.建設コンサルタントに求めることと題して、発注者の声を基に話題提供します。

【話題②】14:45~16:00
■話題提供者:村上 英明  【建設部門】 
■テーマ:公共事業と反対運動
■話題提供者からのコメント:
 公共事業に対する地元等の反対運動について、体験談を交えて話題提供します。

【活動報告】土木技術講習会(R元.6/27)

2019-07-08

 島根県技術士会では毎年、島根県建設技術センター主催の講習会に講師を派遣して、地域の技術力向上に協力しています。
 今年も「土木構造物の設計と施工」をテーマとして、下記の講習会を行いましたのでお知らせします。

1.日時  令和元年6月27日(木) 9:00~16:30

2.場所  くにびきメッセ 国際会議場(松江市学園南1丁目2-1)

3.主催  (公財)島根県建設技術センター

4.共催  島根県技術士会

5.内容(講師は5人とも島根県技術士会会員)

 1)「道路設計の立場で考える土木構造物」 …高橋宏道((株)ワールド測量設計)

 2)「直接基礎の設計・施工時の留意点」………糸原 浩((株)トーワエンジニアリング)

 3)「公共土木施設設計における課題」 ………鳥谷 聡(島根県出雲県土整備事務所)

 4)「建設現場の生産性向上への取組み」 ……平田 守(カナツ技建工業(株))

 5)「BIM/CIMによる土木エンジニアリングの可能性」…大屋 誠(松江工業高等専門学校) 

6.参加者 156名

「第2回土木技術講習会」講師募集

2019-07-08

島根県技術士会会員の皆様

 いつもお世話になっております。
 令和元年10月18日に行われます建設技術センター主催「第2回土木技術講習会」の講師を募集します。
 テーマは「斜面対策施設の設計と施工」です。
 講師いただける方は技術士会事務局まで連絡をお願いします。

1.日時 R1.10/18(金) 9:00~16:00
2.場所 くにびきメッセ501会議室
3.参加者 コンサルタント、建設会社、官公庁の技術者
4.参加人数 約100名
5.テーマ 「斜面対策施設の設計と施工」
6.講師募集人員 5~6人
7.締め切り  7/19(金)

【応募終了】2019年夏休み自由研究親子企画”ダムについて学ぼう!”

2019-07-04

非常に多くのお申込をいただき、本年の受付は終了しました。
ありがとうございました。

島根県技術士会青年部では、今年も夏休み自由研究親子企画として、小学校4年生~6年生の親子向けにダムツアーを実施します。

専門家がわかりやすくダムについて説明をしながら、実際に普段は入られないダムの内部を見学したり、ダムカレーなどを食べながら、クイズなどを交えて楽しい1日を過ごしていただきます。ダムに興味が無かった皆さんも、きっと興味がわいてダム博士になれますよ!

お申し込みは、7月17日までに参加者氏名(年齢)・性別・住所・当日連絡可能な電話番号を添えて、下記のメールアドレスまでお送り下さい。申込多数の場合は先着順としますので、お早めにお申し込み下さい。

申込先メールアドレス:
peshimane@gmail.com (担当:稲田)
※取得した個人情報は、本イベントの開催に関わる連絡以外には使用いたしません。

*実施日* 2019年7月27日(土)

*参加費* 1人1,000円(昼食代として)

*参加対象* 小学校4年生~6年生の親子(最大15組程度)

*服装、持参品* 歩きやすい靴、筆記用具、その他(カメラ、飲み物など)

*行動予定* 9:30松江周辺発~尾原ダム(ダムカレーを食べよう!)~三成ダム~17:30松江周辺解散

※参加者には無料駐車場をご用意します。
※詳しい集合場所はお申込後個別連絡します。移動は中型バスを準備します。
※雨天決行します。(ただし、大雨のときには中止する可能性があります。)
※当日は十分な暑さ対策や準備をしての参加をお願いします。(団体保険に加入します。)
※申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。

コウノトリの餌資源調査のご案内

2019-07-04

令和元年7 月吉日
島根県技術士会 会員 各位
生物多様性研究分科会
大嶋 辰也

コウノトリの餌資源調査のご案内


コウノトリ(国の特別天然記念物)が雲南市大東町地内で繁殖し、今年も4 羽の幼鳥が巣立ちました。4 羽の巣立ちは3 年連続となります(1 つの巣からの4 羽の巣立ちは全国でも雲南市だけ)。
本分科会では“コウノトリが雲南市を選んだのは豊富な餌資源ではないか”と仮定し、コウノトリの飛来地周辺の餌資源調査を昨年行いました。その結果、雲南市の豊富な餌資源を裏付ける情報が得られ、地域の方にも驚きをもって喜んでいただきました(新聞でも紹介されました)。
昨年度の調査は、整備されたビオトープ等を対象としましたが、今年は、普通の水田を調べる予定です。
調査は、兵庫県で考案された簡易的、かつ、定量的な手法で行いますので、調査経験のない方でも楽しんでもらえると思います。お
子様連れでも構いません。水田での生き物観察で、夏休みの宿題の一助になるかと思います。
急なお知らせになりますが、コウノトリに関心のある方、地域づくりに関心のある方、環境調査を普段している方、環境調査を体験してみたい方など、興味のある方はぜひご参加ください。巣立ったばかりの幼鳥にも会えるかもしれません。
なお、調査は秋季(10 月)にも予定しております。次回の調査日程は早めにお知らせします。皆様の参加をお待ちしております。

【CPD エビデンスの発行について】
今回の調査に参加された方は、6 時間分の参加証明書(CPD エビデンス)を発行します。例えば建
設コンサルタンツ協会のCPD では、「地域貢献活動」として6 ポイントを登録することができます。

1.調査行程
■令和元年7 月20 日(土)
・09:30 ショッピングセンター「グリーンシティー」の駐車場集合【裏面参照】
・09:30~12:30 餌資源調査(1~2 箇所)
・12:30~13:30 昼食・休憩
・13:30~16:30 餌資源調査(2~3 箇所)
※今年の営巣地も確認します(西小学校)。
※調査はコウノトリの飛翔履歴のある春殖、幡屋、佐世地区、コウノトリの飛来を待ち望む山王寺地区の中から選定します(現在、地権者・管理者の方と調整中)。
・16:30 解散

2.参加費
・特になし(昼食代1 コイン程度)

3.その他
・調査時の服装:多少汚れてもよい服装(作業着など)でお願いします。また、長靴、帽子も準備願います。その他雨具(カッパなど)、タオル、着替えなど、各自準備をお願いします。
・熱中症対策:500ml/人のお茶、塩タブレットなども準備したいと思いますが、各自の対策もお願いします。
・保険の加入:現地作業のため保険にも加入したいと思います。参加申し込みされた方には保険加入に必要な個人情報の提供をお願いすると思いますのでご了承下さい。
・調査用具:調査に必要な用具(手網・水槽・調査票など)はこちらで準備しますが、なじみの道具があれば持参されても構いません。
・その他、ご不明な点があれば、大嶋(申し込み先)までご連絡下さい。

4.申し込み
・申し込み先 : 大嶋 辰也(株式会社ウエスコ)
(E-mail:t-oshima(アットマーク)wesco.co.jp)
・申し込み期限:令和元年7 月16 日(火)

【活動報告】産学交流企画2019(高専特化版)

2019-07-04

島根県技術⼠会⻘年部会では、2017 年度より⾼専⽣に特化した産学交流企画を開催しています。
これは、⼟⽊技術者がどのように社会に貢献しているか理解してもらい、ひいては県内就職に繋げていくことを目的としています。

災害復旧をテーマに、座学で 土木技術者の仕事を学んだ上で、行政、コンサル、ゼネコンと役割を分けて技術士との相談タイムを設けました。

【活動報告】出雲流庭園文化講座(第4回)

2019-07-03

出雲流庭園文化講座(第4回)

庭園文化研究分科会幹事 武田隆司

令和元年6月30日(日)、出雲文化伝承館において出雲流庭園文化講座~第4回「出雲文化と庭園」(出雲文化伝承館の建設にまつわる人々)を行いました。

あいにくの雨模様の天気でしたが、20名以上の参加者がありました。今回の講師は伊藤幹郎技術士で、市の職員の頃に携わった出雲文化伝承館や庭園の建設にまつわる人々の思いや建設時の逸話を中心に、当時の写真を交えながら講演を行いました。

講演の後、座敷と庭の回遊のグループに分かれて、林、宇野、原、木佐、武田の分科会メンバーによりガイダンスを行いました。

出雲流庭園パンフレット作成の編集協力

2019-07-03

<出雲流庭園パンフレット作成の編集協力>

 庭園文化研究分科会では、平成30年度から4回にわたり、出雲文化伝承館からの依頼で「出雲流庭園文化講座」を行っています。館内にある豪農屋敷庭園は最も完成度の高い出雲流庭園ですが、庭を案内するガイドやパンフレットがないとの相談を受けて、宇野技術士を中心に分科会で庭を解説するパンフレットの作成のお手伝いをしました。

Copyright(c) 島根県技術士会 All Rights Reserved.